2日のダウ終値は9ドル高の1万7832ドル

ISM製造業指数は6カ月ぶりの低水準

1月2日、米国株式市場はほぼ横ばいで年明け初日の取引を終了した。写真は2013年5月、ニューヨーク証券取引所を撮影(2015年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 2日 ロイター] - 年明け2日の米国株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。序盤は買いが先行したものの、朝方発表された指標が嫌気され、上昇幅を圧縮した。

米商務省が発表した11月の建設支出高は前月比0.3%減だった。同時に米供給管理協会(ISM)が発表した12月の製造業総合景況指数も6カ月ぶりの低水準だった。

ダウ工業株30種は9.92ドル(0.06%)高の1万7832.99ドル。

ナスダック総合指数は9.24ポイント(0.20%)安の4726.81。

S&P総合500種は0.70ポイント(0.03%)安の2058.20。

原油価格が不安定な中で、S&Pエネルギー株指数は乱高下したが、最終的に0.4%のプラスとなった。個別銘柄では石油大手エクソンモービルが0.4%、エネルギー大手キンダー・モーガン(KMI)が1.2%値上がりした。

自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は0.2%下落した。点火スイッチの欠陥などをめぐり、新たなリコールを発表したことが嫌気された。

年明け初日は薄商いで、BATSグローバル・マーケッツのデータによると、米取引所の合計出来高は約52億9000万株で前月の平均である68億7000万株を大幅に下回った。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所が上げ1696で下げ1376(比率は1.23対1)だった。一方、ナスダックは下げ1555で上げ1185(1.31対1)だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。