三菱と大学の意外な関係 成蹊、慶応、東京海洋

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小

歴史的な経緯から三菱と深い関わりを持つ大学がある。その特徴とは。

東京・吉祥寺のキャンパスに、小学校から大学までを擁する成蹊学園。1924年に池袋から現在の場所に移転した(撮影:佐々木 仁)

特集「三菱 150年目の名門財閥」の他の記事を読む

成蹊学園|岩崎小彌太が支援

東京・武蔵野市。JR中央線の吉祥寺駅から徒歩15分ほどの住宅街に、大学、高校、中学校、小学校のすべてが1カ所にそろう「成蹊学園」がある。学園前を通る五日市街道から校舎近くまで続くケヤキ並木が環境省の「残したい“日本の音風景100選”」にも選ばれる緑豊かなキャンパスだ。

本館前の庭園に立つ、岩崎小彌太元理事長の記念レリーフ。創立50周年の際に制作された

戦前の旧制高等学校時代は、成城や武蔵、甲南と並び、私立の7年制(尋常中4年、高等科3年)高等学校の1つとして富裕層の子が通う学校だった。現在、大学には経済、経営、法、文、理工の5学部がある。

教育関係者の間では、成蹊学園は「三菱系」と認知されている。なぜなら学園の創設に、岩崎彌太郎のおいで三菱財閥4代目総帥の岩崎小彌太が大きく関わっているからだ。成蹊学園の創設者は、大正自由教育の旗手といわれた中村春二。1906年に中村が学生塾・成蹊園を設立した際に、主に資金面で支援したのが、中学校の同窓だった小彌太と今村銀行(現在のみずほ銀行の一部)頭取の今村繁三だった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
三菱 150年目の名門財閥
インタビュー/早稲田大学ビジネススクール 教授 入山章栄
三菱重工の解けない呪縛
産業遺産から、秘密の「迎賓館」まで
Part4 世界に誇る三菱遺産 これが三菱の「至宝」だ
銀行、商事は退職後も安泰
役員への昇進で早稲田に勝利
慶応閥を支える日本最強の同窓会
三菱と大学の意外な関係
成蹊、慶応、東京海洋
時代の荒波を乗り越えた名門財閥ならではの秘話
すごすぎる三菱の福利厚生
結婚の世話から「保活」まで
Part3 三菱エリートのカネと出世
誌上講義|東京大学名誉教授 武田晴人
三菱グループ各企業の今|ニコン
三菱グループ各企業の今|キリン
三菱グループ各企業の今|三菱地所
三菱グループ各企業の今|三菱電機
三菱グループ各企業の今|三菱UFJFG
三菱グループ各企業の今|三菱商事
三菱グループ各企業の今|三菱重工業
株価を最も上げた敏腕社長は誰?
落ちた三菱、伸びた三菱はどこだ?
Part2 グループ企業の経営力
インタビュー/三菱UFJフィナンシャル・グループ 会長 平野信行
インタビュー/岩崎彌太郎の玄孫 元衆院議員 木内孝胤
三菱「近代化」のキーパーソン
土佐の「地下浪人」から最強財閥へ
金曜会企業の6割が本社を構える
乱立する三菱グループ出身の社外役員
インタビュー/三菱重工業 会長 宮永俊一
Part1 三菱ムラの結束力
三菱 150年目の名門財閥
その「潜在力」と「山積する課題」
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内