有料会員限定

「誌上美術展」国宝全12点を一挙掲載 Part4 世界に誇る三菱遺産 これが三菱の「至宝」だ

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小

岩崎家は、巨万の富を惜しげもなく貴重な文物の収集に使った。

[国宝]曜変天目(ようへんてんもく)
■(「稲葉天目」(いなばてんもく))建窯、南宋時代・12〜13世紀(公財)静嘉堂蔵
■ 3碗現存する曜変天目のうち、内側の星紋が最も鮮やか。福建省建窯で焼かれた。江戸幕府3代将軍・徳川家光が病の春日局に下賜、末裔である稲葉家に伝わったとされる。4代目・小彌太が購入した。生前は一度も使用されなかったが、一周忌に仏前での献茶に使われた

特集「三菱 150年目の名門財閥」の他の記事を読む

「金持ちのままで死ぬのは不名誉な死である」「裕福な人はその富を浪費するよりも、社会がより豊かになるために使うべきだ」。鉄鋼業で巨万の富を築き、その富を図書館や大学の創設に注いだ米国の実業家、アンドリュー・カーネギー。その著書『富の福音』は、ウォーレン・バフェットやビル・ゲイツの愛読書として知られている。三菱2代目社長の岩崎彌之助もまた、その精神に共感した一人である。三菱の社長を退任した後、欧米訪問中に本書と出合い、翌年には日本語翻訳版を出版させている。

社長引退後、古典籍や文化財の収集に熱を上げた彌之助。個人的な趣味もあっただろうが、単なる好事家としてではなく、カーネギーの思想にも通じる「実業家として蓄えた富を社会に還元したい」という志があったのだ。

お宝を収集した理由

三菱グループが運営する「静嘉堂(せいかどう)」と「東洋文庫」には、合計12点の国宝、31点の重要文化財を含む、書籍や美術品が収蔵されている。それらの多くを収集したのが、2代目・彌之助、3代目・久彌、4代目・小彌太の、岩崎家の当主たちである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
三菱 150年目の名門財閥
インタビュー/早稲田大学ビジネススクール 教授 入山章栄
三菱重工の解けない呪縛
産業遺産から、秘密の「迎賓館」まで
Part4 世界に誇る三菱遺産 これが三菱の「至宝」だ
銀行、商事は退職後も安泰
役員への昇進で早稲田に勝利
慶応閥を支える日本最強の同窓会
三菱と大学の意外な関係
成蹊、慶応、東京海洋
時代の荒波を乗り越えた名門財閥ならではの秘話
すごすぎる三菱の福利厚生
結婚の世話から「保活」まで
Part3 三菱エリートのカネと出世
誌上講義|東京大学名誉教授 武田晴人
三菱グループ各企業の今|ニコン
三菱グループ各企業の今|キリン
三菱グループ各企業の今|三菱地所
三菱グループ各企業の今|三菱電機
三菱グループ各企業の今|三菱UFJFG
三菱グループ各企業の今|三菱商事
三菱グループ各企業の今|三菱重工業
株価を最も上げた敏腕社長は誰?
落ちた三菱、伸びた三菱はどこだ?
Part2 グループ企業の経営力
インタビュー/三菱UFJフィナンシャル・グループ 会長 平野信行
インタビュー/岩崎彌太郎の玄孫 元衆院議員 木内孝胤
三菱「近代化」のキーパーソン
土佐の「地下浪人」から最強財閥へ
金曜会企業の6割が本社を構える
乱立する三菱グループ出身の社外役員
インタビュー/三菱重工業 会長 宮永俊一
Part1 三菱ムラの結束力
三菱 150年目の名門財閥
その「潜在力」と「山積する課題」
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内