有料会員限定

徴用工問題という負の遺産 三菱重工の解けない呪縛

印刷
A
A

日韓関係に深く刺さるとげを日本企業は抜き取ることができるか。

三菱重工業に謝罪と補償を求めた原告の元徴用工(ロイター/アフロ)

特集「三菱 150年目の名門財閥」の他の記事を読む

戦前から続く日本の有力企業が日本経済の発展に大きく貢献してきたのは間違いない。一方で、日本近現代史の負の面にも深く関与してきた。その代表例が、三菱も当事者として関わる元徴用工への賠償問題である。

徴用工とは何か。戦前、戦時体制に必要な労働力の確保が最大の問題となっていた日本が、1938年に国家総動員法を制定して以降、朝鮮半島や中国などで募集した労働者のことだ。方法は、募集から官あっせん、徴用と戦局によって強制的な性格を強めた。

彼らの多くは、主に三菱重工業や日本製鉄といった大手企業の軍需関連工場や炭鉱などに送られた。47年に大蔵省(当時)が作成した資料では、動員数は72万4787人とされている。韓国政府は元徴用工として22万6000人を認定している。

問題となったのは、韓国に住む元徴用工らが90年代以降、当時の賃金未払い分の請求や強制的な労働に対する苦痛などへの賠償を求め、日本国内で提訴してからだ。中国人の元徴用工も同様の裁判を日本で起こした。日本政府や企業が元徴用工に補償や賠償をすべきかが問われているのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
三菱 150年目の名門財閥
インタビュー/早稲田大学ビジネススクール 教授 入山章栄
三菱重工の解けない呪縛
産業遺産から、秘密の「迎賓館」まで
Part4 世界に誇る三菱遺産 これが三菱の「至宝」だ
銀行、商事は退職後も安泰
役員への昇進で早稲田に勝利
慶応閥を支える日本最強の同窓会
三菱と大学の意外な関係
成蹊、慶応、東京海洋
時代の荒波を乗り越えた名門財閥ならではの秘話
すごすぎる三菱の福利厚生
結婚の世話から「保活」まで
Part3 三菱エリートのカネと出世
誌上講義|東京大学名誉教授 武田晴人
三菱グループ各企業の今|ニコン
三菱グループ各企業の今|キリン
三菱グループ各企業の今|三菱地所
三菱グループ各企業の今|三菱電機
三菱グループ各企業の今|三菱UFJFG
三菱グループ各企業の今|三菱商事
三菱グループ各企業の今|三菱重工業
株価を最も上げた敏腕社長は誰?
落ちた三菱、伸びた三菱はどこだ?
Part2 グループ企業の経営力
インタビュー/三菱UFJフィナンシャル・グループ 会長 平野信行
インタビュー/岩崎彌太郎の玄孫 元衆院議員 木内孝胤
三菱「近代化」のキーパーソン
土佐の「地下浪人」から最強財閥へ
金曜会企業の6割が本社を構える
乱立する三菱グループ出身の社外役員
インタビュー/三菱重工業 会長 宮永俊一
Part1 三菱ムラの結束力
三菱 150年目の名門財閥
その「潜在力」と「山積する課題」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内