有料会員限定

医療費、寄付金控除…「還付」で取り戻せる税金 PART6 取り戻せる税

印刷
A
A

何らかの控除が受けられないかチェックして、納めすぎた税金を取り戻そう。

医療費控除は年間10万円超でなくても受けられるケースがある

特集「税金対策」の他の記事を読む

サラリーマンなど給与所得者は勤務先が年末調整を担うため、基本的に確定申告を行う必要はない。しかし、年末調整での控除漏れがある場合や、年末調整では考慮されない控除を受ける場合は事情が違ってくる。確定申告をすることで所得控除が受けられ、納めすぎた所得税を「還付金」として取り戻せる。見落としがちな控除をチェックし、税金を取り戻そう。

年末調整で処理できないために、サラリーマンの確定申告でポピュラーな「医療費控除」。1年間に支払った医療費が10万円を超えた場合、所得から差し引かれるものだ。「10万円を超えないと医療費控除を諦めてしまいがちだが、10万円以下でも対象になるケースがある」と田中卓也税理士は言う。

実はもう1つの基準がある。総所得金額等が年200万円未満の場合、その5%を超えた分の金額を医療費控除の対象とするため、計算上、10万円を下回るのだ。

総所得金額等とは「給与所得控除後の金額」を指し、源泉徴収票に記載がある。200万円未満のラインは年収ベースで約311万円未満。総所得を150万円としたら、5%を掛けた年7万5000円を超える金額が控除対象となる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
税金対策
自由化で事務所によって金額は異なるが…
自営業者の悩みどころ
PART7|フリーと副業の税
払いすぎにご用心
罹災・盗難時の控除方法
PART6 取り戻せる税
使いにくいから知られていない
控除と返礼品は魅力的だが…
配偶者居住権、生前贈与…
PART5|知らないと損する税
加入可能年齢上限を5歳引き上げ
年末調整、確定申告、FX、住宅購入…
PART4|基礎から学ぶ税
税制改正大綱の中身とは?
PART3 変わる税|元国税局のお笑い芸人が教える①
元国税局のお笑い芸人が教える②
インタビュー/自民党・税調会長 甘利 明
納めているのはどこ?
盲点を突く果敢な“挑戦"
国際社会がGAFA対策に本腰
PART2|企業と税
調査されるとほぼ申告漏れ指摘?
それでも選択肢はある
厳しさ増す節税術封じ、富裕層vs.国税 攻防の手筋
PART1|逃れられない税
国税庁が問題視
税金対策
トクする人 ソンする人
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内