有料会員限定

「未婚ひとり親税制は抜本見直しの好事例だ」 インタビュー/自民党・税調会長 甘利 明

印刷
A
A
あまり・あきら 1949年生まれ。72年慶応大学法学部卒業、ソニー入社。83年衆議院議員選挙初当選。以後、労働相、経済産業相、自民党政務調査会長、経済再生担当相などを歴任。2019年9月から現職。(撮影:風間仁一郎)

特集「税金対策」の他の記事を読む

与党の税制調査会での検討を経て、2019年12月に20年度税制改正大綱が発表された。昨年9月に自民党の税制調査会長に就任した甘利明氏に改正の狙いと今後の税務戦略について聞いた。

攻めの税制を意識

──今回の税制改正のポイントや狙いを教えてください。

2つの視点から検討を重ねてきた。1つは、時代の変化に応じてその都度、パッチワーク的に対応してきたものを抜本的に見直すという考え方。もう1つは、デジタルトランスフォーメーションとも呼ばれているが、デジタル時代に即したビジネスモデルへの転換や事業革新を後押しする考え方だ。

いずれにしても、提示されたものを査定する受け身の税制調査会ではなく、時代を先取りし未解決部分を抜本解決して前に進めるという、「攻め」の税調を意識した。総理からは「税の政調会長のつもりでやってくれ」と言われている。それは、国際課題であるデジタル課税の問題や、5G(次世代通信規格)に関して経済と安全保障が合体した仕組みをどうつくるかという問題など、従来の税の世界とは異なる課題に直面したからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
税金対策
自由化で事務所によって金額は異なるが…
自営業者の悩みどころ
PART7|フリーと副業の税
払いすぎにご用心
罹災・盗難時の控除方法
PART6 取り戻せる税
使いにくいから知られていない
控除と返礼品は魅力的だが…
配偶者居住権、生前贈与…
PART5|知らないと損する税
加入可能年齢上限を5歳引き上げ
年末調整、確定申告、FX、住宅購入…
PART4|基礎から学ぶ税
税制改正大綱の中身とは?
PART3 変わる税|元国税局のお笑い芸人が教える①
元国税局のお笑い芸人が教える②
インタビュー/自民党・税調会長 甘利 明
納めているのはどこ?
盲点を突く果敢な“挑戦"
国際社会がGAFA対策に本腰
PART2|企業と税
調査されるとほぼ申告漏れ指摘?
それでも選択肢はある
厳しさ増す節税術封じ、富裕層vs.国税 攻防の手筋
PART1|逃れられない税
国税庁が問題視
税金対策
トクする人 ソンする人
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内