有料会員限定

「クラウドゲーム戦争」勃発、グーグルがソニーを猛追 ITの巨人がついに参入

印刷
A
A

家庭用ゲーム機も高性能のパソコンも必要ない。5Gの普及でゲーム業界は新たな局面を迎える。

3月、スタディアを発表したグーグルのスンダー・ピチャイCEO。有料会員制のビジネスになるとみられている

特集「5G革命」の他の記事を読む

巨大なコンピューターネットワークを擁するITの巨人が、次なる金脈として目をつけたのは「クラウドゲーム」だった。

米グーグルは今年3月、クラウドゲームサービス「Stadia(スタディア)」を発表した。年内には、欧米で提供が始まる見通しだ。最大の特長は、専用のゲーム機や高性能のパソコンなしで大作ゲームが遊べること。グーグルのデータセンター上でデータの処理がすべて行われるため、スマートフォンや普通のパソコンなど「画面」があればいい。

スンダー・ピチャイCEOは発表の場で、「ウェブの進化と同様に、誰でもすぐにアクセスし、プレーできるようにしたい」と語った。サービスと同時に、どのデバイスにも対応する専用コントローラーも披露した。この発表直後、家庭用ゲーム機を展開するソニーと任天堂の株価は大幅に下落した。

クラウドゲームサービスを始めるのはグーグルが初ではない。2000年に日本企業が初めてデモを公開して以降、ソニーの「プレイステーション(PS)ナウ」、米エヌビディアの「ジーフォース・ナウ」などが展開されてきた。が、成功しているサービスは皆無。現在のスタディアに最も近い構想を持っていたのは、スクウェア・エニックスの子会社として14年に設立された、シンラ・テクノロジーだ。社長だった和田洋一氏は、「将来のゲームは確実にクラウド化するとみて、新時代のゲームを考える実験の場を作ろうとした」と振り返る。ただ事業化には至らず16年に解散した。なお、当時シンラが米国での通信環境を整えるために交渉していたグーグルの社員が、スタディアの立ち上げメンバーの一人だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
5G革命
注目銘柄のトップが語る|アンリツ
注目銘柄のトップが語る|村田製作所
注目銘柄のトップが語る|アドバンテスト
狙い目の銘柄はここにある
必ずしもいいことずくめではない
通信用半導体で独り勝ち
低迷する市場の起爆剤として期待
5G世界戦争の震源地
インタビュー|総務副大臣 佐藤ゆかり
インタビュー|ドワンゴ 社長 夏野 剛
世界初の「完全仮想化」で勝負
Part2 通信
パナソニックや東芝が熱視線
インタビュー|DMG森精機 社長 森 雅彦
製造ラインの変更が自由自在に
遠隔監視・制御の実用化へ前進
「これからは保険の必要のない世界を目指す」
「使いやすいサービスの作り込みに苦心した」
インタビュー|バンダイナムコ プロデューサー 坂上陽三
インタビュー|元スクウェア・エニックス社長 和田洋一
次世代ゲームの開拓者が語る|米ナイアンティック CEO ジョン・ハンケ
ITの巨人がついに参入
バーチャルキャラクターの人気沸騰
新時代に突入するコンテンツビジネス
5Gで未来はこうなる
Part1 産業
5G革命
超高速だけじゃない、次世代通信の破壊力
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内