有料会員限定

米国が恐れる巨大企業ファーウェイの深謀遠慮 5G世界戦争の震源地

印刷
A
A

通信機器メーカー世界首位の座を占めるのみならず、通信用半導体の開発にも着手。米国との対立を乗り越えられるか。

(撮影:梅谷秀司)

特集「5G革命」の他の記事を読む

5G時代を迎える中、中国のファーウェイ・テクノロジーズの存在感が高まっている。なぜファーウェイが今、強みを発揮できているのだろうか。

ファーウェイが携帯電話基地局向けの通信機器ベンダーとして創業したのは、1987年。当初は中国の携帯電話会社などに機器を提供していたが、90年代後半ごろから海外進出を積極化。2000年代には欧州や南米、アフリカなどに進出を果たし、現在の世界シェアはスウェーデンのエリクソンなどを上回る。

圧倒的な開発費投じ特許出願数もトップ

年間の売上高は11兆円を超え、売り上げはスマートフォンなどの一般消費者向け端末事業と、基地局などの通信事業者向けネットワーク事業に二分される。米中貿易摩擦の影響で、直近の通信事業者向け売り上げは落ち込んでいるが、利益面においては依然として通信事業者向けが中核だ。

通信機器におけるファーウェイの強みは、高度な技術を持ち、低コストながら高品質の機器とサービスを提供できる点にある。今年2月にスペイン・バルセロナで行われた携帯電話見本市MWCで取締役副会長兼輪番会長の郭平氏が「18年は150億ドル(約1兆6500億円)を研究開発に投じた」と話しているように、他社を寄せ付けえない積極的な投資を行っている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
5G革命
注目銘柄のトップが語る|アンリツ
注目銘柄のトップが語る|村田製作所
注目銘柄のトップが語る|アドバンテスト
狙い目の銘柄はここにある
必ずしもいいことずくめではない
通信用半導体で独り勝ち
低迷する市場の起爆剤として期待
5G世界戦争の震源地
インタビュー|総務副大臣 佐藤ゆかり
インタビュー|ドワンゴ 社長 夏野 剛
世界初の「完全仮想化」で勝負
Part2 通信
パナソニックや東芝が熱視線
インタビュー|DMG森精機 社長 森 雅彦
製造ラインの変更が自由自在に
遠隔監視・制御の実用化へ前進
「これからは保険の必要のない世界を目指す」
「使いやすいサービスの作り込みに苦心した」
インタビュー|バンダイナムコ プロデューサー 坂上陽三
インタビュー|元スクウェア・エニックス社長 和田洋一
次世代ゲームの開拓者が語る|米ナイアンティック CEO ジョン・ハンケ
ITの巨人がついに参入
バーチャルキャラクターの人気沸騰
新時代に突入するコンテンツビジネス
5Gで未来はこうなる
Part1 産業
5G革命
超高速だけじゃない、次世代通信の破壊力
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内