超優良企業ぞろい!連続増配年数ランキング

花王は24年連続増配、ではP&Gは?

8位のコカ・コーラの増配年数は52年。ライバルのペプシコは、それより10年短い42年だ。設立はコカ・コーラが1886年でペプシコが1898年。増配年数の違いはおおむね設立年の違いということになろうか。

永遠のライバル ペプシコVSコカ・コーラ

ただ、全米でのシェアはペプシコが上だ。スナック菓子、清涼飲料水ともにペプシコが全米1位のシェアを誇る。米証券取引委員会(SEC)に提出する年次報告を見ると、ペプシコは国内シェアの円グラフをフルカラーで載せているのだが、コカ・コーラはまったく触れていない。

比較広告などによる両社の戦いは、折に触れ報道されてきたが、競争が始まってからすでに100年以上経っており、永遠のライバルといったところだろう。連続増配についても、どちらかが継続している間は、両社とも無理にでも継続しそうだ。

20位以下を見てみよう。20位には、第2回目の「従業員数ランキング」でダントツだったウォルマート・ストアーズが入っている。

同じ順位には、マグロウヒル・フィナンシャルやVFといった企業がいる。マグロウヒル・フィナンシャルは、格付け会社として有名なスタンダード&プアーズの親会社。また、VFはジーンズの「リー」、アウトドアウェアの「ノースフェイス」やブーツの「ティンバーランド」などを展開する米最大手のアパレルメーカーである。不振が伝えられる29位のマクドナルドも、連続増配38年とかなり長い。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。