超優良企業ぞろい!連続増配年数ランキング

花王は24年連続増配、ではP&Gは?

8位のコカ・コーラの増配年数は52年。ライバルのペプシコは、それより10年短い42年だ。設立はコカ・コーラが1886年でペプシコが1898年。増配年数の違いはおおむね設立年の違いということになろうか。

永遠のライバル ペプシコVSコカ・コーラ

ただ、全米でのシェアはペプシコが上だ。スナック菓子、清涼飲料水ともにペプシコが全米1位のシェアを誇る。米証券取引委員会(SEC)に提出する年次報告を見ると、ペプシコは国内シェアの円グラフをフルカラーで載せているのだが、コカ・コーラはまったく触れていない。

比較広告などによる両社の戦いは、折に触れ報道されてきたが、競争が始まってからすでに100年以上経っており、永遠のライバルといったところだろう。連続増配についても、どちらかが継続している間は、両社とも無理にでも継続しそうだ。

20位以下を見てみよう。20位には、第2回目の「従業員数ランキング」でダントツだったウォルマート・ストアーズが入っている。

同じ順位には、マグロウヒル・フィナンシャルやVFといった企業がいる。マグロウヒル・フィナンシャルは、格付け会社として有名なスタンダード&プアーズの親会社。また、VFはジーンズの「リー」、アウトドアウェアの「ノースフェイス」やブーツの「ティンバーランド」などを展開する米最大手のアパレルメーカーである。不振が伝えられる29位のマクドナルドも、連続増配38年とかなり長い。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT