有料会員限定

自動化に拍車がかかり変貌する「手先ジョブ」 職業ごとのタスク変化を検証|フィジカルメリット

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
印刷
A
A

人間の身体性を生かした仕事にも、変化の波が押し寄せる。

(Zenzen / PIXTA)

特集「AI時代に食える仕事、食えない仕事」の他の記事を読む

コンビニ店員|レジ業務が激減

※セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート3社の店員数の合計

生活に欠かせない存在となったコンビニエンスストアの仕事はどう変化するのか。目下、自動化を後押しするのが人手不足だ。その結果、ローソンでは店舗あたりの人件費は毎年3〜4%の上昇傾向が続く。「技術が人を代替する以前に労働力が足りない。顧客に価値を還元できない業務は、AIやロボティクスなどで置き換えていきたい」(ローソンの秦野芳宏・次世代CVS統括部部長)という。

店員の業務はレジ接客のほか揚げ物などの調理、品出し、検品、清掃など多岐にわたる。その負担軽減の余地は大きい。中でも効率化できるのが業務時間の約4分の1を占めるレジ接客。すでに大手各社はスマートフォンなどによるキャッシュレス決済を拡充している。

今後、レジ業務の劇的な効率化につながりそうなのが電子タグ導入だ。2017年に経済産業省がコンビニ各社と「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を発表。25年までにコンビニ大手ですべての取扱商品にタグを貼り付ける計画だ。実現すれば、バーコードスキャン不要で顧客がレジを通らない決済が可能となる。実現にはコスト低下やタグ付けをどこが担うか、さらなる技術進化などの課題解決が求められる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
AI時代に食える仕事、食えない仕事
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内