有料会員限定

Interview|公正取引委員会委員長 杉本和行 GAFAと日本|「市場の番人」はどう動く

印刷
A
A

「GAFAと公正に競争できる環境の整備が必要だ」

日本でもGAFAの影響力が強まっている。「市場の番人」である公正取引委員会はどう対応していくのか。杉本和行委員長に聞いた。

すぎもと・かずゆき●1950年兵庫県生まれ。東京大学法学部卒業後、大蔵省(現財務省)入省。財務事務次官などを経て2013年から現職。(撮影:尾形文繁)

特集「GAFA全解剖」の他の記事を読む

──拡大し続けるGAFAの存在をどう見ていますか。

GAFAのようなプラットフォーム企業は、消費者に対し有益なサービスを提供している。ただ、プラットフォームビジネスは利用者が増えれば増えるほど利便性の高まるネットワーク効果があり、限界費用もかからない。巨大化しやすく、マーケットにおいて支配的地位を占める傾向がある。

だからわれわれは「アビューズ・オブ・ドミナンス(支配的地位の濫用)」が行われていないかを監視する必要がある。そうした行為が行われると、イノベーション競争を阻害するからだ。

──GAFA全盛の時代にこそ求められる公取委の役割とは。

公取委はあくまで執行する立場だ。個人情報をどう位置づけるのか、競争条件を整備するための制度をどう整えるか、といった点は関係省庁で連携して決める必要がある。すでに経済産業省、公取委、総務省が連携して検討会を開いている(下囲み参照)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
GAFA全解剖
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内