有料会員限定

秘密のベールに包まれたGAFA日本法人 止まらない事業拡張

印刷
A
A

その一挙手一投足が世界の注目を集めるGAFAは、日本でも存在感を放つ。ただ、サービスや製品の点でGAFAを意識することはあっても、日本に拠点を置く日本法人について知られている情報は少ない。GAFA日本法人とはどんな組織なのか。

特集「GAFA全解剖」の他の記事を読む

経歴は一切非開示 アップルの職務執行者

GAFAの中で、日本進出が最も早かったのはアップルだ。1983年、アップルコンピュータジャパンとして日本法人が設立された(現在の名称はApple Japan)。従業員数は2016年8月公表時で約2900人だが、これは日本における社員数で、米本社と雇用関係にある人たちも入っている。また、日本に九つある直営店「Apple Store」の従業員を含んでいる。

初台の東京オペラシティタワーから13年六本木ヒルズへ移転した(撮影:今井康一)

日本法人で長くトップを務めたのは、97~04年に社長だった原田泳幸氏だ。

同氏は98年に「iMac」が発売されるタイミングに合わせ、卸店や販売店を削減する流通改革を行った。その後は、日本マクドナルドホールディングス社長兼CEOやベネッセホールディングス会長兼社長を経て、現在ソニーの社外取締役などを務める。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
GAFA全解剖
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内