有料会員限定

奮闘するインスタ 広告一本足の行方 Facebook

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 最新
拡大
縮小
カリフォルニア州メンローパークにある本社。今年9月末時点で約3.4万人が働いている

特集「GAFA全解剖」の他の記事を読む

2004年2月に米ハーバード大学の一室で生まれたSNS「フェイスブック(FB)」。GAFAの中でも歴史が浅く、創業者兼CEO(最高経営責任者)で筆頭株主であるマーク・ザッカーバーグ氏の年齢は34歳と、若さを売りに成長してきた。

社歴は浅いが、ユーザー規模はすさまじく大きい。18年7~9月期の月間利用者は22.7億人(下図表)で、傘下の対話アプリ「ワッツアップ」、FB本体から派生した対話サービス「FBメッセンジャー」、写真・動画共有アプリ「インスタグラム」の4サービスいずれかを使っている月間利用者は26億人に上る。中国とインドの人口を足した規模の人数が月に1回以上、FBグループのサービスにアクセスしている計算となる。

ユーザー規模の拡大に伴い、業績も拡大している。17年度の売上高は前期比47%増の407億ドル、当期純利益は同56%増の159億ドルと、直近の成長率はGAFAの中でも際立つ。営業利益率は50%で収益性も高い。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
GAFA全解剖
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内