有料会員限定

スーパーサイクルは本物か? アナリストに聞く

✎ 1〜 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 20
拡大
縮小

足元の調整は好調さの裏返し

和田木哲哉 野村証券 マネージング・ディレクター

わだき・てつや●1968年生まれ。91年早稲田大学教育学部卒、東京エレクトロン入社。2000年野村証券入社。

シリコンサイクルの谷で真っ暗闇だった2016年2月に、当社は大変化を察知してスーパーサイクル論を展開した。「スーパーサイクル」という言葉は私が作ったと自負している。

DRAM中心の山と谷に加えて、猛烈な工場建設ラッシュが始まりフラッシュメモリの大きな山ができる。スマートフォン向けが落ち込んでも、サーバー需要が急拡大する。消費電力の問題から、サーバー向けはモーターを回すHDD(ハードディスクドライブ)からフラッシュメモリを用いるSSD(ソリッドステートドライブ)に置き換わっていく。だから今までのような4年で一巡する従来型のシリコンサイクルではない……私は16年にそう指摘したが、実際にそうなっている。

「遠未来まで大丈夫」に等しい

半導体製造装置の供給が全然足りていない。足元で調整の話が出ているが、韓国サムスン電子や東芝が納品の延期要請を顧客に出したというのは、半導体市場がおかしくなったからではなく、好調すぎて成膜装置が足りていないからだ。そうでなければ、サムスンの役員が成膜装置の部材メーカーにわざわざハッパをかけに行ったりしない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
怒涛の半導体&電池
『会社四季報』で発掘!
Interview|旭化成 名誉フェロー 吉野 彰
「リチウムイオン電池、2025年以降の技術開発が勝負」
東電とNTTがタッグ
電池需要の拡大に欠かせない
コバルト採掘に児童労働の暗部
メーカーに求められる意識改善
不足する主要3原材料
「量」より「質」に懸ける
日本の電池材料なくしてEVは生産できない
»»第2章 電池|「金の卵」争奪戦
Interview|経営共創基盤 CEO 冨山和彦
自動車用途で一躍脚光
貿易戦争の火種
奮闘する東芝とソニー
材料から装置まで席巻
トップが明かす超活況の理由(3)
トップが明かす超活況の理由(2)
トップが明かす超活況の理由(1)
アナリストに聞く
»»第1章 半導体 |「根拠ある」熱狂
ビッグデータ、EVシフトで需要爆発
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内