有料会員限定

日の丸半導体に残された最後の砦 奮闘する東芝とソニー

印刷
A
A

日の丸半導体が凋落して久しいが、個別に見れば日本勢が存在感を発揮している分野も残っている。NAND(ナンド)型フラッシュメモリの東芝と、CMOS(シーモス)のソニーだ。海外勢と激しい設備投資競争を繰り広げている両社については、東芝が最新の技術開発、ソニーが車載用途の開拓でさらに戦いに挑んでいる。この分野を突破口に、日の丸半導体は再び輝くことができるのか。

四日市工場で握手する成毛社長(右)とベインキャピタルの杉本勇次日本代表(昨年10月)(撮影:梅谷秀司)

特集「怒涛の半導体&電池」の他の記事を読む

東芝メモリ|ファンドの傘下で再スタート

「3年以内の株式新規公開と、東芝メモリとしての企業価値の向上を目指す。ますます厳しくなるグローバル競争をベインと勝ち抜いていく」。6月4日、都内で開いた東芝メモリの売却完了の記者会見で東芝メモリの成毛康雄社長はそう宣言した。

1990年代に栄華を誇った日本の半導体メーカーは、DRAMで巨額の投資競争についていけず、全社が撤退に追い込まれた。そうした中で東芝メモリは、自社が発明したNAND型フラッシュメモリで世界2位の座にある。

ただ、東芝は米国原子力事業で生じた1兆円超の損失を穴埋めするため、NAND事業を分社・売却せざるをえなくなった。その結果、東芝メモリはこの6月から、米投資ファンドのベインキャピタルが軸となる企業連合の傘下で新たなスタートを切った。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
怒涛の半導体&電池
『会社四季報』で発掘!
Interview|旭化成 名誉フェロー 吉野 彰
「リチウムイオン電池、2025年以降の技術開発が勝負」
東電とNTTがタッグ
電池需要の拡大に欠かせない
コバルト採掘に児童労働の暗部
メーカーに求められる意識改善
不足する主要3原材料
「量」より「質」に懸ける
日本の電池材料なくしてEVは生産できない
»»第2章 電池|「金の卵」争奪戦
Interview|経営共創基盤 CEO 冨山和彦
自動車用途で一躍脚光
貿易戦争の火種
奮闘する東芝とソニー
材料から装置まで席巻
トップが明かす超活況の理由(3)
トップが明かす超活況の理由(2)
トップが明かす超活況の理由(1)
アナリストに聞く
»»第1章 半導体 |「根拠ある」熱狂
ビッグデータ、EVシフトで需要爆発
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内