有料会員限定

市場拡大の波に乗る 半導体&電池銘柄 『会社四季報』で発掘!

印刷
A
A
イラスト:今井ヨージ

特集「怒涛の半導体&電池」の他の記事を読む

業界の裾野の広い半導体とEV(電気自動車)化などの時流に乗りやすい電池は、株式市場でも関心の高いテーマだ。ここでは6月15日に最新号が発売された『会社四季報』(2018年3集夏号)のデータを活用し、両分野における有望銘柄を探してみた。

会社四季報 2018年3集夏号 [雑誌]
会社四季報 2018年3集夏号 [雑誌](東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

株式投資の銘柄選定でいちばん大事なのは、その企業の今後の業績動向だ。特に半導体関連は、活況が続いている一方で業績持続力の強さに注目が集まっている。そこで、四季報の最新予想データを基に、半導体関連銘柄の今期増益企業ランキングを作成した。

銘柄抽出には東洋経済オリジナルの業種分類を用いた。各企業の最大収益事業を基準に約480種類にまで細分化しており、証券取引所の定める業種分類よりも詳細になっている。順位付けは本業の稼ぎを示す営業利益の増益率で行った。前提とした今期予想数値は、取材に基づいた東洋経済の独自予想だ。

ランキングの1位は、三菱電機系の大手半導体商社である菱洋エレクトロとなった。前期は半導体の一部商品で代理店権を失ったことが響き大幅減益となったが、今期はグラフィックボード製品などICT(情報通信技術)分野での伸びで利益を急回復させる計画だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
怒涛の半導体&電池
『会社四季報』で発掘!
Interview|旭化成 名誉フェロー 吉野 彰
「リチウムイオン電池、2025年以降の技術開発が勝負」
東電とNTTがタッグ
電池需要の拡大に欠かせない
コバルト採掘に児童労働の暗部
メーカーに求められる意識改善
不足する主要3原材料
「量」より「質」に懸ける
日本の電池材料なくしてEVは生産できない
»»第2章 電池|「金の卵」争奪戦
Interview|経営共創基盤 CEO 冨山和彦
自動車用途で一躍脚光
貿易戦争の火種
奮闘する東芝とソニー
材料から装置まで席巻
トップが明かす超活況の理由(3)
トップが明かす超活況の理由(2)
トップが明かす超活況の理由(1)
アナリストに聞く
»»第1章 半導体 |「根拠ある」熱狂
ビッグデータ、EVシフトで需要爆発
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内