有料会員限定

EV市場を占う3つのカギ 電池需要の拡大に欠かせない

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小
(YsPhoto / PIXTA)

特集「怒涛の半導体&電池」の他の記事を読む

電池の需要がどれだけ増えるかは、EV(電気自動車)をはじめとした電動車の普及スピード次第だ。EV市場の行方を占うポイントを解説する。

1. 規制・補助金

世界の自動車メーカーがEVシフトを急ぐ背景には、各国政府の環境規制がある。欧州ではもともと環境規制が厳しかったが、2015年に起きた独フォルクスワーゲンのディーゼル排ガス不正問題をきっかけにこの流れが加速した。17年には、英仏で40年までにエンジン車の販売を禁止する方針が打ち出された。

環境規制を急ぐのは中国も同様だ。中国は13年から、NEV(ネブ)と呼ばれる新エネルギー車を購入する消費者に対し補助金を支給する制度を開始(20年末終了予定)。19年からは、中国国内で生産・輸入を行う自動車メーカーに対し、一定割合のNEVの製造・販売を義務づける制度を始める。

国による産業育成もあり、中国はEVの保有台数ベースで世界の4割を占める世界最大のEV市場となった。当然世界各国の自動車メーカーもこの市場を狙っており、今春に開かれた北京国際モーターショーでは、中国に投入するEVの新車発表が相次いだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
怒涛の半導体&電池
『会社四季報』で発掘!
Interview|旭化成 名誉フェロー 吉野 彰
「リチウムイオン電池、2025年以降の技術開発が勝負」
東電とNTTがタッグ
電池需要の拡大に欠かせない
コバルト採掘に児童労働の暗部
メーカーに求められる意識改善
不足する主要3原材料
「量」より「質」に懸ける
日本の電池材料なくしてEVは生産できない
»»第2章 電池|「金の卵」争奪戦
Interview|経営共創基盤 CEO 冨山和彦
自動車用途で一躍脚光
貿易戦争の火種
奮闘する東芝とソニー
材料から装置まで席巻
トップが明かす超活況の理由(3)
トップが明かす超活況の理由(2)
トップが明かす超活況の理由(1)
アナリストに聞く
»»第1章 半導体 |「根拠ある」熱狂
ビッグデータ、EVシフトで需要爆発
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内