有料会員限定

不正融資の商工中金 解体的出直しなるか 公的金融|地方銀行とどう共存?

印刷
A
A
(撮影:今井康一)

特集「銀行員の不安」の他の記事を読む

書類の改ざんなどによる危機対応業務に関連した不正融資が2016年秋以降に続々と発覚、トップ交代に追い込まれた商工組合中央金庫(商工中金)。

今年1月には経済産業省の「商工中金の在り方検討会」が「災害対応を除き、(不正の原因となった)危機対応業務から全面撤退」、「過半以上の社外取締役など、外部人材の積極登用」などを提言。商工中金の「解体的出直し」を訴えた。

5月22日には店舗や業務の見直しなどを盛り込んだ業務改善計画を提出するとともに、財務省、経済産業省出身者を起用する新しい役員人事案と、縦割り組織の弊害を見直す狙いの組織再編案を公表した。今後は業務改善計画を基に「この秋をメドに中期経営計画を策定する」(関根正裕社長)予定だ。

不正の淵源には予算を消化しなければならないという構図があった。政府出資や役員派遣が残る以上、似たような問題が再発するおそれはないのだろうか。関根社長は「今回決定的に変わったのは社外取締役が過半数を占めること。彼らがノーと言えば、(政府からどんな要請があっても)会社としてもノー」と反論する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
銀行員の不安
銀行員・就活生の本音
銀行をどう見ている?
本誌独自集計
第三者委員会が実態究明へ
「再編を考えていない頭取はいないだろう」
地銀|金融庁が公取委に異例の物言い
公的金融|地方銀行とどう共存?
ゆうちょ|新中計は異例の縮小均衡路線
金融庁|3年ぶりにトップ交代へ
「銀行・信託・証券のワンみずほ戦略を極める」
「国内マーケットはまだリターン向上の余地あり」
メガバンク|しぼむ国内資金利益
AI|銀行に広がるフィンテックブーム
キャリア|変わり始めたキャリア選択
就活生・新社会人 座談会
みずほ人事トップを直撃
銀行員|1.9万人削減の現場
みずほ1.9万人削減の「次」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内