有料会員限定

急増する若手の転職、バブル入行組も悲鳴 銀行員|1.9万人削減の現場

印刷
A
A

「あれ見たか?」「俺たちのことだよな」──。昨年10月28日、都内にあるみずほ銀行の支店は浮き足立った。新聞に、「みずほ低収益にメス」「1.9万人の削減」という見出しが突然出たからだ。

1.9万人という数は、みずほフィナンシャルグループ(FG)の全社員8万人の約4分の1に相当する。この支店では、当日夕方、支店長が社員全員を呼び出し、「今後10年間の自然減であって、リストラではない」と強調した。

みずほだけではない。その約半年前に、三井住友FGは2020年度末までに4000人分の業務量削減を行うと公表。三菱UFJFGも23年度末までに9500人分の業務量削減(6000人の人員減少)をすると発表している。両社は、みずほと異なり「業務量削減」という表現を使うが、念頭に置いていることは共通している。支店などの経費率を軽くし、成長分野に人を回すことだ。

特集「銀行員の不安」の他の記事を読む

支店長代理昇格は2割 厳しいノルマの圧力

銀行はいま岐路に立っている。低金利政策により本業の利ザヤは下げ止まらず、キャッシュレス化・人口減少による来店客数の減少は続く。駅前一等地に支店を維持するのは、もはや限界が近い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
銀行員の不安
銀行員・就活生の本音
銀行をどう見ている?
本誌独自集計
第三者委員会が実態究明へ
「再編を考えていない頭取はいないだろう」
地銀|金融庁が公取委に異例の物言い
公的金融|地方銀行とどう共存?
ゆうちょ|新中計は異例の縮小均衡路線
金融庁|3年ぶりにトップ交代へ
「銀行・信託・証券のワンみずほ戦略を極める」
「国内マーケットはまだリターン向上の余地あり」
メガバンク|しぼむ国内資金利益
AI|銀行に広がるフィンテックブーム
キャリア|変わり始めたキャリア選択
就活生・新社会人 座談会
みずほ人事トップを直撃
銀行員|1.9万人削減の現場
みずほ1.9万人削減の「次」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内