有料会員限定

過半数が赤字の地銀 再編停滞で破綻続出も 地銀|金融庁が公取委に異例の物言い

印刷
A
A
長崎市の繁華街・思案橋で向かい合う十八銀行(右)と親和銀行の支店。両行の近接支店は多く、統合が実現すれば廃店が相次ぐだろう

特集「銀行員の不安」の他の記事を読む

「酸素ボンベの管(取引銀行)は、大きな1本(経営統合後の1行)より、細くてもいいから2本(統合前の2行)あったほうがいい」

そう語るのは長崎市で卸売業を営む中小企業経営者だ。

長崎県には今、県内首位の十八銀行と同2位の親和銀行(ふくおかフィナンシャルグループ〈FG〉傘下)の経営統合計画がある。しかし、2016年2月の発表から2年経っても実現していない。17年4月の予定が2度延期され、現時点で時期のメドは立っていない。

統合すると県内の融資シェアが7割超に上り、競争を制限するおそれがあるとして公正取引委員会の了承を得られていないのだ。冒頭の経営者のように、2行から資金を借りていたのに1行に統合されると、いざというときに困るという懸念が長崎県内の中小企業の間で渦巻いている。

公取委は昨年12月、新潟県の第四銀行と北越銀行の統合を承認した。統合後のシェアが6割に達する地域もあったが、地元の企業や金融機関を調査し、統合行以外の金融機関からの借り入れは可能と判断したからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
銀行員の不安
銀行員・就活生の本音
銀行をどう見ている?
本誌独自集計
第三者委員会が実態究明へ
「再編を考えていない頭取はいないだろう」
地銀|金融庁が公取委に異例の物言い
公的金融|地方銀行とどう共存?
ゆうちょ|新中計は異例の縮小均衡路線
金融庁|3年ぶりにトップ交代へ
「銀行・信託・証券のワンみずほ戦略を極める」
「国内マーケットはまだリターン向上の余地あり」
メガバンク|しぼむ国内資金利益
AI|銀行に広がるフィンテックブーム
キャリア|変わり始めたキャリア選択
就活生・新社会人 座談会
みずほ人事トップを直撃
銀行員|1.9万人削減の現場
みずほ1.9万人削減の「次」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内