有料会員限定

異形のスルガ銀行 ずさん融資で暗転 第三者委員会が実態究明へ

印刷
A
A

特集「銀行員の不安」の他の記事を読む

地方銀行トップクラスの収益力(→関連記事『地銀105行 本業利益ランキング』)を誇るスルガ銀行が岐路に立たされている。

社会問題となった女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズが破綻し、投資資金を貸したスルガ銀行の業績を直撃。融資が焦げ付くリスクが高まったため、6期連続の最高益更新を見込んでいた2018年3月期の連結純利益は210億円と、前期の半分以下に沈んだ。

5月15日には米山明広社長が静岡県沼津市内で会見し、関連融資に関する内部調査の概要を発表した。融資残高はスマートデイズ以外も含めて1258人分、2035億円にも上り、審査を通りやすくするための通帳改ざんや、過剰融資を引き出すために売買代金を水増しした二重契約書が作られていた事実が明らかになった。

米山社長はこれらについて、「相当数の社員が認識していた可能性がある」「連続増収増益がプレッシャーに変わり、審査より営業が強くなってしまった」と認めた。営業部門の幹部が審査担当者を恫喝する例もあったという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
銀行員の不安
銀行員・就活生の本音
銀行をどう見ている?
本誌独自集計
第三者委員会が実態究明へ
「再編を考えていない頭取はいないだろう」
地銀|金融庁が公取委に異例の物言い
公的金融|地方銀行とどう共存?
ゆうちょ|新中計は異例の縮小均衡路線
金融庁|3年ぶりにトップ交代へ
「銀行・信託・証券のワンみずほ戦略を極める」
「国内マーケットはまだリターン向上の余地あり」
メガバンク|しぼむ国内資金利益
AI|銀行に広がるフィンテックブーム
キャリア|変わり始めたキャリア選択
就活生・新社会人 座談会
みずほ人事トップを直撃
銀行員|1.9万人削減の現場
みずほ1.9万人削減の「次」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内