有料会員限定

ポスト森長官は氷見野氏が最有力 金融庁|3年ぶりにトップ交代へ

印刷
A
A
(撮影:尾形文繁)

特集「銀行員の不安」の他の記事を読む

強烈なリーダーシップでこの3年間金融庁を率いてきた森信親長官は、今年夏の定例人事異動で勇退する見込みだ。その後任長官に誰が就くのか、注目が集まっている。

長官職は金融行政方針の決定権を持つと同時に強い内部管理・人事権を握る。任期が長期化すると側近グループが生まれかねず、人事異動のバイアス、政策のバイアスがかかりやすい。それゆえ、霞が関では長官の任期はおおむね1年間という慣例が確立している。

にもかかわらず森長官が昨年の夏、異例ともいうべき3年目続投を決めた背景には、「森信親」でなければならない積極的な理由があったはずだ。後任長官の人事を読み解くために、まずは、「3年目続投の理由」から振り返りたい。

金融庁は昨年1月から、民間金融団体との意見交換会で「金融庁が提起した主要論点」を公表している。中でも森長官が出席し、自ら積極的に問題提起したときの主要論点を紹介したい。森流の考え方が典型的に表れているからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
銀行員の不安
銀行員・就活生の本音
銀行をどう見ている?
本誌独自集計
第三者委員会が実態究明へ
「再編を考えていない頭取はいないだろう」
地銀|金融庁が公取委に異例の物言い
公的金融|地方銀行とどう共存?
ゆうちょ|新中計は異例の縮小均衡路線
金融庁|3年ぶりにトップ交代へ
「銀行・信託・証券のワンみずほ戦略を極める」
「国内マーケットはまだリターン向上の余地あり」
メガバンク|しぼむ国内資金利益
AI|銀行に広がるフィンテックブーム
キャリア|変わり始めたキャリア選択
就活生・新社会人 座談会
みずほ人事トップを直撃
銀行員|1.9万人削減の現場
みずほ1.9万人削減の「次」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内