有料会員限定

高水準の利益計上でも苦悩深まるメガ3行 メガバンク|しぼむ国内資金利益

印刷
A
A

三菱UFJフィナンシャル・グループ9896億円、三井住友フィナンシャルグループ7343億円、みずほフィナンシャルグループ5765億円──。

3メガバンクグループの2018年3月期の連結当期純利益額だ。みずほのみ前期比減益とはいえ、いずれも数千億円の利益をたたき出す。利益の規模だけを見るかぎり、銀行界が苦境に陥っているようには思えない。

しかし、決算会見に臨んだ各社トップの口からは、「苦悩するメガバンク」の姿がひしひしと伝わってくる。

「預貸金を中心とする旧来の商業銀行型ビジネスモデルでは、国内で成長を生むことはできない」

三菱UFJの平野信行社長がそう述べたかと思えば、三井住友の國部毅社長は「足元金利は下げ止まり、マイナス金利導入による減益幅は縮小すると見ているが、引き続き厳しい収益環境が続いていく」と述べた。

今年4月に就任したばかりのみずほの坂井辰史社長も「金融機関を取り巻く事業環境は、圧倒的なテクノロジーの進展により、数十年に一度のパラダイムシフトに直面している」と強調した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
銀行員の不安
銀行員・就活生の本音
銀行をどう見ている?
本誌独自集計
第三者委員会が実態究明へ
「再編を考えていない頭取はいないだろう」
地銀|金融庁が公取委に異例の物言い
公的金融|地方銀行とどう共存?
ゆうちょ|新中計は異例の縮小均衡路線
金融庁|3年ぶりにトップ交代へ
「銀行・信託・証券のワンみずほ戦略を極める」
「国内マーケットはまだリターン向上の余地あり」
メガバンク|しぼむ国内資金利益
AI|銀行に広がるフィンテックブーム
キャリア|変わり始めたキャリア選択
就活生・新社会人 座談会
みずほ人事トップを直撃
銀行員|1.9万人削減の現場
みずほ1.9万人削減の「次」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内