有料会員限定

がん検診と大手メディアの蜜月 デメリットの報道は皆無

印刷
A
A
(CORA / PIXTA)

特集「医療費のムダ」の他の記事を読む

科学的に厳密に評価すれば、がん検診に大きな問題があるのは明らかだ。

2016年1月、世界的に権威のある医学誌『英国医師会雑誌』に掲載された論文によると、各種のがん検診について調べたところ、総死亡率が減ることを証明した研究は一つもなかった。つまり現在のところ、がん検診によって長生きできることを示すエビデンス(科学的証拠)は一つもないのだ。

多くの人が有効だと信じ込んでいる乳がん検診(マンモグラフィー検査)一つとっても、ここ数年、欧米からは有効性(死亡率を減らせる効果)に疑問符がつく研究報告が相次いでいる。日本乳癌学会も15年の「乳癌診療ガイドライン」改定で、40代以上の乳がん検診の推奨度を「A」から「B」に格下げした。

さらに、欧米では検診によって、命にかかわらない治療の不要な「がん」を見つけてしまう「過剰診断」が大きな問題となっている。米国では過去30年間の検診データを検証した結果、発見された乳がんの約3分の1、すなわち約130万もの人が過剰診断を受けたと推計する論文が12年に出ている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
医療費のムダ
Interview │ 医師 小泉俊三
保険の支払い要件は限定的だ
患者もできるエビデンス思考
医療相談のベテランがやさしく解説
»»Part2 病院・医者と賢くつき合う
聖域6 高給維持なら医療費は膨張
聖域5 さらば、尊厳なき終末期医療
極論はむしろ「確信犯」?
聖域4 肩こり、腰痛に保険使い放題
聖域3 患者は33万人、医療費年1.6兆円に膨張
「しっかり下げろ」が主流に
聖域2 「埋蔵金」を掘り起こせ!
デメリットの報道は皆無
聖域1 ニッポン過剰医療の温床
誰がどのくらい負担するのか
医療費のムダ »»Part1 これだけある医療費の聖域
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内