有料会員限定

整骨院の膨張を生んだ不正請求の常態化 聖域4 肩こり、腰痛に保険使い放題

印刷
A
A
本来の保険支給基準より大幅に緩い申請が常態化している整骨院・接骨院(写真提供:保険者機能を推進する会)

特集「医療費のムダ」の他の記事を読む

「長時間のデスクワークで腰痛がひどくなった」と来院の理由を伝えたら、どの程度の整骨院が正直に全額自己負担(自由診療)を求めてくるだろうか、試してみた。

柔道整復師(柔整師)という国家資格者が運営できる整骨院(接骨院も同内容)で使える公的保険の範囲は、実は想像されるよりもかなり狭い。捻挫、打撲、脱臼、骨折、挫傷という五つの外傷だけである。デスクワークで腰痛といった慢性疲労はもってのほかのはずだ。

東京都心と近郊で「各種保険取り扱い」を掲げる10カ所を任意で選び客として訪れた結果は、予想を裏切らず、保険適用を断わられたのはたった2カ所だった。うち1カ所は、この月末に閉院して定期診療を受けられないという理由だったので、実質は日本橋茅場町で訪れた1カ所だけである。

大半のところは、多くを語ることもなく健康保険証の提示を求めてきて、白紙のレセプト(公的保険に支給を申請する請求書)にサインだけ書かせた。そしてベッドに導くと、うつぶせに寝かせてマッサージを始め、最後に電気治療で終わるのが通常だった。大体どこもこの流れであるにもかかわらず、料金は1000〜3000円とまちまちで、なぜこの差が生じるかは大ざっぱなレシートの明細からは読み取れなかった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
医療費のムダ
Interview │ 医師 小泉俊三
保険の支払い要件は限定的だ
患者もできるエビデンス思考
医療相談のベテランがやさしく解説
»»Part2 病院・医者と賢くつき合う
聖域6 高給維持なら医療費は膨張
聖域5 さらば、尊厳なき終末期医療
極論はむしろ「確信犯」?
聖域4 肩こり、腰痛に保険使い放題
聖域3 患者は33万人、医療費年1.6兆円に膨張
「しっかり下げろ」が主流に
聖域2 「埋蔵金」を掘り起こせ!
デメリットの報道は皆無
聖域1 ニッポン過剰医療の温床
誰がどのくらい負担するのか
医療費のムダ »»Part1 これだけある医療費の聖域
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内