有料会員限定

信頼できる医者・薬剤師はこの質問でわかる 患者もできるエビデンス思考

印刷
A
A
イラスト:関 祐子

特集「医療費のムダ」の他の記事を読む

日本の医療現場は長らく「薬漬け、検査漬け」といわれてきた。一人の医師が大勢の患者を診療しなければならず、高い効率が要求される中で病気の見逃しや重症化を避けようとすると、「念のため」の薬や検査が増えてしまいがちだ。

だが、それが必ずしも望ましい姿ではないことは医師もわかっている。2018年1月に医師940人(うち91%が臨床経験10年以上)を対象に行われたインターネット調査で、「過剰だと思う検査」の割合を答えてもらったところ、20%(中央値)に上り、不要な検査はまったくないと答えたのは64人にすぎなかった。米国の医師が対象の調査でもほぼ同じ結果で、検査の24.9%、薬の22.0%は不要と認識されている。不要であるにもかかわらず行ってしまう理由も日米で共通しており、「医療訴訟が怖いから」「患者が要求するから」「以前の医療記録にアクセスするのが困難だから」がトップ3だ。

患者に不利益が及ばなければ問題ない、と思うかもしれない。だが実際にはX線検査では放射線被曝が避けられないし、薬には副作用がある。特に高齢患者への多剤併用は、薬同士の相互作用、調剤の誤り、飲み忘れ・飲み間違いなどによる害(ポリファーマシー)が生じやすいことが知られている。当然ながら費用も余計にかかる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
医療費のムダ
Interview │ 医師 小泉俊三
保険の支払い要件は限定的だ
患者もできるエビデンス思考
医療相談のベテランがやさしく解説
»»Part2 病院・医者と賢くつき合う
聖域6 高給維持なら医療費は膨張
聖域5 さらば、尊厳なき終末期医療
極論はむしろ「確信犯」?
聖域4 肩こり、腰痛に保険使い放題
聖域3 患者は33万人、医療費年1.6兆円に膨張
「しっかり下げろ」が主流に
聖域2 「埋蔵金」を掘り起こせ!
デメリットの報道は皆無
聖域1 ニッポン過剰医療の温床
誰がどのくらい負担するのか
医療費のムダ »»Part1 これだけある医療費の聖域
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内