有料会員限定

命と健康を脅かす過剰検査・検診の闇 聖域1 ニッポン過剰医療の温床

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16
拡大
縮小
日本の医療機関には高額な医療機器が多い(写真はイメージ)

特集「医療費のムダ」の他の記事を読む

「通常の腹痛だったらCT(コンピュータ断層撮影)検査より、超音波検査(エコー)のほうがお勧めだと院内臨床検討会で言い続けたことで、他科の医師も理解してくれた」。藤沢市民病院(神奈川県)放射線診断科の藤井佳美医師は、同院で検査方針が転換したいきさつをそう話す。

腹痛を訴える患者の検査の第1選択肢として腹部エコーを利用するようになったのは、2014年のことだ。それまで主に用いていた腹部CTは「被曝リスクもあり、特に子どもに行うのは避けたかった」(藤井医師)。結果、腹部CT検査の件数は前年から半減した。

小児の頭部外傷のCT検査については、10年から英国式の厳格な使用基準に切り替えて約3分の1に減らしたが問題は生じなかった。「学会でそう発表したら驚かれた。CT検査を減らす取り組みはまだ限定的のようだ」(藤井医師)。

米国で始まった、ムダな医療を指摘するチュージングワイズリーのキャンペーンに呼応し、日本でも総合診療指導医コンソーシアムが日本におけるムダな医療の「五つのリスト」を公表した。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
医療費のムダ
Interview │ 医師 小泉俊三
保険の支払い要件は限定的だ
患者もできるエビデンス思考
医療相談のベテランがやさしく解説
»»Part2 病院・医者と賢くつき合う
聖域6 高給維持なら医療費は膨張
聖域5 さらば、尊厳なき終末期医療
極論はむしろ「確信犯」?
聖域4 肩こり、腰痛に保険使い放題
聖域3 患者は33万人、医療費年1.6兆円に膨張
「しっかり下げろ」が主流に
聖域2 「埋蔵金」を掘り起こせ!
デメリットの報道は皆無
聖域1 ニッポン過剰医療の温床
誰がどのくらい負担するのか
医療費のムダ »»Part1 これだけある医療費の聖域
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内