有料会員限定

邦銀に不良債権化の悪夢 マネーが促す脱炭素化

印刷
A
A

日本の金融機関が、脱炭素化の動きにおいて世界の潮流から取り残されている。

2015年12月のパリ協定(温暖化対策の国際枠組み)以後、最もドラスティックに変化したのは、実は金融業界だ。石炭関連企業からの投資撤退(ダイベストメント)が加速した。石炭の採掘や石炭火力発電を行う企業は、二酸化炭素(CO2)の排出を増やすとして、以前から、英米の大学や年金基金、ノルウェーの金融機関などが投資資金を引き揚げていた。だが、パリ協定以後、その動きが急速に拡大。英ロイズ、独アリアンツ、仏アクサ、スイス・チューリッヒなど欧州の保険大手も軒並み石炭企業からの投資撤退に踏み切った。

融資の分野でも、ドイツ銀行や仏BNPパリバ、仏ソシエテ・ジェネラルなど欧州大手銀行が石炭事業への新規貸し出しを禁止する動きを拡大している。

特集「電力激変」の他の記事を読む

海外金融機関の投資撤退先には、日本の北海道電力、沖縄電力、四国電力、北陸電力、電源開発(J-POWER)も含まれる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
電力激変
分散電源として期待されるが
「激変する情勢を踏まえ、政策を検証」
海外で評価される新型炉
東電の工事中断で村の経済に大打撃
"原発の父"が憂う原子力の将来
「異業種とも連携し、革新起こす」
「電力・ガスともサービスを深化」
主要28社アンケート
»»Part2 電力会社に迫る大転換
太陽光発電の採算が悪化
CO2は地中に埋める
「石炭火力の採算は非常に厳しい」
電力関連メーカーの苦境
世界の流れに逆行
発電と送配電にすみ分け
マネーが促す脱炭素化
»»Part1 世界で進む脱酸素革命
「首都圏で本格攻勢、新たなビジネス築く」
「再エネを、火力発電と並ぶ柱に育成」
新技術を駆使し市場創出
脱炭素化|急増する風力、太陽光
脱炭素化とマネーが起爆剤
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内