有料会員限定

光熱費ゼロ住宅の「2019年問題」 太陽光発電の採算が悪化

印刷
A
A
藤沢SSTの街並み(撮影:梅谷秀司)

特集「電力激変」の他の記事を読む

湘南の海に程近い辻堂駅(神奈川県藤沢市)から徒歩約20分。東京ドーム約4個分の広大な敷地に、パナソニックなどが運営する環境配慮型都市「Fujisawa SST(藤沢サスティナブル・スマートタウン)」がある。

最大の特徴は街全体で低炭素化を目指す点。CO2(二酸化炭素)排出量7割削減、再生可能エネルギー利用率3割以上の目標を掲げ、多くの太陽光発電用パネルが設置されている。

約600戸の住居はすべてが「CO2収支ゼロ」住宅だ。購入時から出力4.7キロワットの太陽光パネルと蓄電池が備え付けられ、エネファーム(都市ガスを利用した燃料電池)とエコキュート(ヒートポンプ給湯器)のどちらかを選んで組み合わせる。この合わせ技によるCO2削減で、排出量をカバーしCO2収支ゼロを実現する。

これらの省エネ機器がつくことで、戸建て価格は敷地面積120平方メートル前後で6000万円台前半が中心と、周辺相場より1000万円以上高い。それでも、「(3月上旬時点の)在庫は残り1戸で、これから分譲する区域も更地の段階から注文が次々入っている」(パナホーム東日本環境開発支社で営業を担当する武塙〈たけはな〉森氏)と人気は高い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
電力激変
分散電源として期待されるが
「激変する情勢を踏まえ、政策を検証」
海外で評価される新型炉
東電の工事中断で村の経済に大打撃
"原発の父"が憂う原子力の将来
「異業種とも連携し、革新起こす」
「電力・ガスともサービスを深化」
主要28社アンケート
»»Part2 電力会社に迫る大転換
太陽光発電の採算が悪化
CO2は地中に埋める
「石炭火力の採算は非常に厳しい」
電力関連メーカーの苦境
世界の流れに逆行
発電と送配電にすみ分け
マネーが促す脱炭素化
»»Part1 世界で進む脱酸素革命
「首都圏で本格攻勢、新たなビジネス築く」
「再エネを、火力発電と並ぶ柱に育成」
新技術を駆使し市場創出
脱炭素化|急増する風力、太陽光
脱炭素化とマネーが起爆剤
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内