有料会員限定

再エネが成長の原動力、東京電力も変革 脱炭素化|急増する風力、太陽光

印刷
A
A
欧州の洋上風力発電。入札方式が導入され、コストが大幅に低下している(AFP=時事)

特集「電力激変」の他の記事を読む

「国内外で再生可能エネルギー事業を本格的に立ち上げ、10年後をメドに燃料・火力発電事業に匹敵する収益規模に引き上げる」

日本の電力最大手、東京電力ホールディングスの小早川智明社長は2月16日の記者会見でそう宣言した。同社の将来戦略を考える会議体でも、「再エネをテーマに据え、有望なエリア、事業内容、規模を検討し、2018年度内に推進体制を構築していく」という。

さらにその後の本誌インタビューでは、昨年5月に策定した新再建計画に基づき、年間に4500億円規模の当期純利益を稼ぎ出す必要があると発言(インタビュー記事)。これは、福島第一原子力発電所事故で発生した汚染土壌の除染費用約4兆円を、政府が保有する東電株式の売却益で捻出することを想定して逆算した数字である。この規模の純利益を稼ぎ出すには、世界的な成長分野である再エネへの投資を加速することが必要だと小早川氏は考えている。

再エネシフト果たした電力会社が時価総額上位

東電の再エネ本格参入はこれからだが、世界ではすでに巨額の資金が風力発電や太陽光発電などの再エネに振り向けられている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
電力激変
分散電源として期待されるが
「激変する情勢を踏まえ、政策を検証」
海外で評価される新型炉
東電の工事中断で村の経済に大打撃
"原発の父"が憂う原子力の将来
「異業種とも連携し、革新起こす」
「電力・ガスともサービスを深化」
主要28社アンケート
»»Part2 電力会社に迫る大転換
太陽光発電の採算が悪化
CO2は地中に埋める
「石炭火力の採算は非常に厳しい」
電力関連メーカーの苦境
世界の流れに逆行
発電と送配電にすみ分け
マネーが促す脱炭素化
»»Part1 世界で進む脱酸素革命
「首都圏で本格攻勢、新たなビジネス築く」
「再エネを、火力発電と並ぶ柱に育成」
新技術を駆使し市場創出
脱炭素化|急増する風力、太陽光
脱炭素化とマネーが起爆剤
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内