有料会員限定

石油立国ノルウェーの変身 優遇政策でCO2ゼロに »»Part1 世界で進む脱酸素革命

印刷
A
A
オスロ市内は路面電車が走り、EVは全体の1割といった感じ

特集「電力激変」の他の記事を読む

優遇政策でCO2ゼロに 電気航空機も一番狙う

「ノルウェーの電気自動車(EV)市場は2013年にテスラが発売されるまで、ニッサンリーフの天下だったんだよ」

異例の大寒波が欧州を襲った3月初旬、ノルウェーの首都オスロ中央駅のスターバックス。記者が30代のノルウェー人男性のグループとEVの話で盛り上がっていると、そのうちの一人が「残念だ」と言わんばかりにそう話してきた。

17年、ノルウェーは新車販売で快挙をやってのけた。EVとハイブリッド車の合計販売台数が、全体の50%超に達したのだ。EVのみでは約21%。日本や米中英仏など、ほとんどの国は1%前後にすぎない。ノルウェー政府の目標は、25年までにゼロエミッション(走行中に二酸化炭素〈CO2〉排出ゼロ)車の新車販売比率を100%にすること。40年以降のガソリン車とディーゼル車の販売を禁止した英仏より、実に15年も早い。

脱炭素の先鋭ぶりはそれにとどまらない。雪と雨による豊富な水と、フィヨルドの地形を生かし、国内電力の約98%は水力発電が賄う。発電ではほぼ脱炭素化を実現済み。パリ協定(温暖化対策の国際枠組み)は今世紀後半に世界全体で実質的なCO2排出をゼロにする「カーボンニュートラル」の達成を目指すが、ノルウェー政府の目標時期はなんと30年だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
電力激変
分散電源として期待されるが
「激変する情勢を踏まえ、政策を検証」
海外で評価される新型炉
東電の工事中断で村の経済に大打撃
"原発の父"が憂う原子力の将来
「異業種とも連携し、革新起こす」
「電力・ガスともサービスを深化」
主要28社アンケート
»»Part2 電力会社に迫る大転換
太陽光発電の採算が悪化
CO2は地中に埋める
「石炭火力の採算は非常に厳しい」
電力関連メーカーの苦境
世界の流れに逆行
発電と送配電にすみ分け
マネーが促す脱炭素化
»»Part1 世界で進む脱酸素革命
「首都圏で本格攻勢、新たなビジネス築く」
「再エネを、火力発電と並ぶ柱に育成」
新技術を駆使し市場創出
脱炭素化|急増する風力、太陽光
脱炭素化とマネーが起爆剤
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内