有料会員限定

たまり続けるプルトニウム 核燃料サイクルは袋小路 "原発の父"が憂う原子力の将来

印刷
A
A

“原子力発電所の父”と呼ばれる人物がいる。豊田正敏氏(94)だ。1955年、東京電力(現・東京電力ホールディングス)に新設された原子力発電課の初代主任となって以来、日本の原子力の導入に深くかかわってきた。福島第一・第二原子力発電所、柏崎刈羽原発の建設で中心的な役割を担った後、東電副社長や日本原燃サービス(現・日本原燃)の社長を歴任。福島第一原発の事故が起こる3年前の2008年には『原子力発電の歴史と展望』を著し、原子力の将来に警鐘を鳴らしていた。その豊田氏が、本誌の取材に応じた。

元東京電力副社長 豊田正敏

「原子力委員会がだらしない。司令塔の役割を果たしていない」

本誌記者を自宅で出迎えた豊田氏は開口一番、こんな苦言を呈した。「原子力発電を続けないと日本の経済が成り立たない。そのことをはっきり言う人がいない。余計なことを言って波風を立てたくないのだろう」。

豊田氏は、再生可能エネルギーだけで電力需要を賄うことはできず、原子力は必要不可欠のエネルギーだとする。しかし、「現状のままでは原子力の将来は危うい」と危機感をあらわにする。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
電力激変
分散電源として期待されるが
「激変する情勢を踏まえ、政策を検証」
海外で評価される新型炉
東電の工事中断で村の経済に大打撃
"原発の父"が憂う原子力の将来
「異業種とも連携し、革新起こす」
「電力・ガスともサービスを深化」
主要28社アンケート
»»Part2 電力会社に迫る大転換
太陽光発電の採算が悪化
CO2は地中に埋める
「石炭火力の採算は非常に厳しい」
電力関連メーカーの苦境
世界の流れに逆行
発電と送配電にすみ分け
マネーが促す脱炭素化
»»Part1 世界で進む脱酸素革命
「首都圏で本格攻勢、新たなビジネス築く」
「再エネを、火力発電と並ぶ柱に育成」
新技術を駆使し市場創出
脱炭素化|急増する風力、太陽光
脱炭素化とマネーが起爆剤
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内