有料会員限定

Interview|資源エネルギー庁長官 日下部 聡 「激変する情勢を踏まえ、政策を検証」

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

日下部聡・経済産業省資源エネルギー庁長官は、エネルギー行政の総元締である。「エネルギー基本計画」見直しに向けての問題認識、今後のエネルギー政策の方向性についてインタビューした。

くさかべ・さとし●1960年生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。82年通商産業省(現・経済産業省)入省、製造産業局自動車課長や大臣官房秘書課長、大臣官房長などを経て2015年から現職。(撮影:尾形文繁)

特集「電力激変」の他の記事を読む

──昨年8月、経産省ではエネルギー基本計画の見直しと2050年視点での長期的なエネルギーのあり方についての議論をスタートさせました。

エネルギー転換という大きなテーマに関して日本としての処方箋を書くべく、昨年8月に2つの検討の場を設けた。その1つである総合資源エネルギー調査会では、現行の30年度目標のエネルギー基本計画のあり方を議論している。もう1つのエネルギー情勢懇談会はパリ協定を踏まえ、50年を見据えての議論を続けている。

14年に今の計画を定めた後、再エネ価格の劇的な低下や石油・ガス価格の下落、電気自動車(EV)へのシフトといった変化が世界規模で起きている。金融の動きも見逃せない。この3〜4年間の変化をどうとらえ、エネルギー転換による脱炭素化にどう向き合うか、徹底的な議論を続けている。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
電力激変
分散電源として期待されるが
「激変する情勢を踏まえ、政策を検証」
海外で評価される新型炉
東電の工事中断で村の経済に大打撃
"原発の父"が憂う原子力の将来
「異業種とも連携し、革新起こす」
「電力・ガスともサービスを深化」
主要28社アンケート
»»Part2 電力会社に迫る大転換
太陽光発電の採算が悪化
CO2は地中に埋める
「石炭火力の採算は非常に厳しい」
電力関連メーカーの苦境
世界の流れに逆行
発電と送配電にすみ分け
マネーが促す脱炭素化
»»Part1 世界で進む脱酸素革命
「首都圏で本格攻勢、新たなビジネス築く」
「再エネを、火力発電と並ぶ柱に育成」
新技術を駆使し市場創出
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内