有料会員限定

EV普及に立ちはだかる電池と充電の壁 分散電源として期待されるが

印刷
A
A
東京モーターショーで披露された独BMWのワイヤレス充電。駐車中に手軽に充電できる(撮影:尾形文繁)

特集「電力激変」の他の記事を読む

電気自動車(EV)が大量に導入されれば、仮想発電所として使えるのではないか。電力業界にはそうした期待がある。電力を貯蔵できるEVは小さな発電所、それが大量に普及すれば相当程度の発電能力を得られるという考えだ。

だが、EVの本格普及には課題も多い。現在のEVは車の基本性能である航続距離、エネルギー補給時間などでガソリン車に劣り、充電環境の整備も道半ばだ。今後、壁を打ち破る技術は開発されるのか。最重要のカギを握るのはEVの動力源である電池の改良だ。

EV用電池の主流は液系リチウムイオン電池。最大の弱点は航続距離の短さにある。ガソリン車の航続距離は400~500キロメートルが標準だがEVは300~400キロメートルが中心。車に積載する電池を増やせば航続距離は伸びるがその分、車体が重くなり燃費ならぬ「電費」が悪化する。

現在は単位重量当たりのエネルギー容量である「エネルギー密度」を高めたリチウムイオン電池の開発が進む。が、「エネルギー密度と安全性はトレードオフの関係にあり、エネルギー密度の向上には限界がある。市場規模の拡大に伴うコバルトなど資源の不足問題もあり、リチウムイオン電池が主流であり続けられるのは2025年ぐらいまで」(リチウムイオン電池の発明者で旭化成名誉フェローの吉野彰氏)との見方もある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
電力激変
分散電源として期待されるが
「激変する情勢を踏まえ、政策を検証」
海外で評価される新型炉
東電の工事中断で村の経済に大打撃
"原発の父"が憂う原子力の将来
「異業種とも連携し、革新起こす」
「電力・ガスともサービスを深化」
主要28社アンケート
»»Part2 電力会社に迫る大転換
太陽光発電の採算が悪化
CO2は地中に埋める
「石炭火力の採算は非常に厳しい」
電力関連メーカーの苦境
世界の流れに逆行
発電と送配電にすみ分け
マネーが促す脱炭素化
»»Part1 世界で進む脱酸素革命
「首都圏で本格攻勢、新たなビジネス築く」
「再エネを、火力発電と並ぶ柱に育成」
新技術を駆使し市場創出
脱炭素化|急増する風力、太陽光
脱炭素化とマネーが起爆剤
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内