これからの不動産選びはココに注意せよ! “埼玉大変 千葉心配”の時代--『不動産絶望未来』を書いた山下努氏に聞く

これからの不動産選びはココに注意せよ! “埼玉大変 千葉心配”の時代--『不動産絶望未来』を書いた山下努氏に聞く

人口減少が進み、高齢者が増える一途。未来に希望を持てない現状でも、戸建住宅やマンションを求める動きはやまない。その根底には、物件を売り続けたい不動産、住宅産業があるからだが、「乗せられるままに家を買えば、一生の監獄になる」と喝破するのは、近著『不動産絶望未来』(小社刊)の著者、山下努氏。

新聞記者として、数々の現場を取材し、不動産問題の根底を見つめてきた筆者はサラリーマンの多くが持つ「土地神話」、「持ち家主義」の幻想に警鐘を鳴らす。

−−−

 「私は東京・江東区に住んでいますが、窓の外に立ち並ぶタワーマンションが『サラリーマンの巨大な墓石』に見えてしまいます」

こう山下さんは口を開いた。

所得低迷、人口減少、少子化、高齢社会、家余り…。そうした社会、経済環境を考えれば、家を慌てて買う必要はないのは分かるが…。
 
 「今も、“男の甲斐性”といって家を買う人が後を絶たないことが信じられません。5年後、10年後には大変なことになります」

どういうことか。

「既に、多摩や千葉のニュータウンをはじめ、郊外住宅地の高齢化は進んでおり、ベッドタウンは人が寝込む『ベッドタウン』になりつつあります。そうしたエリアを多く抱え、今や『埼玉大変 千葉心配』の時代です。郊外時代は終わりました」

なるほど…。

「各地ごとの現在の状況をつかむのに、『都市データパック』(小社刊)や『民力』(朝日新聞出版)が役に立ちます。目先のことを追うのでなく、マクロな経済データを調べて勉強していけば、成長力がある地域と衰える地域を見極めることができるでしょう」

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT