有料会員限定

我が身を滅ぼす副業との"悪い"付き合い方 著作権法違反、公務員法違反などのトラブルも

印刷
A
A

ルールを守らず副業に走った先の逮捕劇。

特集「会社公認 副業のススメ」の他の記事を読む

「元手がチワワ2匹を飼うだけで済むから手軽だ」。会社員の斎藤徹さん(仮名、以下同)はそう考え、昨秋ブリーダー飼育の副業を始めた。ペットを育てて繁殖させ、流通させる仕事。しかし想定以上に費用や手間がかかった。健康診断や予防注射、保険代などを含めて年間数十万円が必要。しつけや避妊対応などで時間も取られた。

結局、見積もりが甘かった彼は、飼育していたチワワに十分な餌を与えられず衰弱死させてしまった。それが表ざたになり、動物愛護法違反の疑いで書類送検された。

インターネットで目立つ法律違反

副業にはこうした“犯罪行為”に至るケースが実は少なくない。多いのがインターネット上での法律違反。目立つのは、せどりやネットオークションといった転売ビジネスのケースにおいてである。

香川県に住む会社員の達川賢太さんは今秋、人気アーティストのチケットを転売したことから、古物営業法違反で逮捕された。本来、中古品を転売するには古物営業の許可が必要。盗難品の売買を防止するため法律で定められている。実際には同法違反で逮捕される事例は少ないが、達川さんのケースは売り上げが1000万円以上と大きかったことで逮捕に至った。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
会社公認 副業のススメ
副業をバネに次の人生へステップアップ
月収20万円超は8000人に1人という現実
会社公認の人も、会社に知られたくない人も
名刺、資格、仕事場に各種業務支援アプリ
著作権法違反、公務員法違反などのトラブルも
ビジネスパーソンのための身を守る副業知識
書き込めばわかる、自分の適性にあった副業
2つ目のキャリアにつながる副業はどれだ
『ぼく、オタリーマン。』作者よしたにが語る
『最強の働き方』著者ムーギー・キムが指南
「多様性を認めねば優秀な人が来ない」の声も
対談 ロート製薬山田会長×柳川東大教授
これは自由な働き方なのか、労働者の搾取か
隣の人はここまでやってる「僕らの副業体験」
常見陽平が聞く、副業に懸けた男の理想と現実
人生を1つの会社に預ける時代は過ぎ去った
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内