有料会員限定

節税、資金調達、知らねば損する副業マネー術 会社公認の人も、会社に知られたくない人も

印刷
A
A

会社員が副業をする場合、せっかく収入を得ても知識不足で出費がかさむ場合がある。そうした事態を避けるため、まず押さえておきたいのが節税の知識だ。

使える節税法

副業で収入を得ると、確定申告が必要な場合とそうでない場合とがある。確定申告は1年間で得た所得(収入から費用を引いた「利益」に該当)を税務署に申告し、納税額を確定させること。サラリーマンでも毎年3月、医療費や住宅ローンを会社側が算出した所得からさらに控除するため、確定申告している人がいるはずだ。副業で確定申告がどのように必要となるかは、副業の所得の種類によって異なってくる。

所得の種類は株式などの「配当所得」や「不動産所得」など多様だが、副業に関連する所得としては主に「給与所得」「雑所得」「事業所得」の三つが挙げられる。

特集「会社公認 副業のススメ」の他の記事を読む

給与所得とは雇用されている会社などから得る報酬のこと。副業であってもアルバイトなどで本業と別の会社とも雇用関係にあれば、こちらに分類される。給与所得の場合、たとえ1円であっても確定申告が必要となる(つまり納税が必要)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
会社公認 副業のススメ
副業をバネに次の人生へステップアップ
月収20万円超は8000人に1人という現実
会社公認の人も、会社に知られたくない人も
名刺、資格、仕事場に各種業務支援アプリ
著作権法違反、公務員法違反などのトラブルも
ビジネスパーソンのための身を守る副業知識
書き込めばわかる、自分の適性にあった副業
2つ目のキャリアにつながる副業はどれだ
『ぼく、オタリーマン。』作者よしたにが語る
『最強の働き方』著者ムーギー・キムが指南
「多様性を認めねば優秀な人が来ない」の声も
対談 ロート製薬山田会長×柳川東大教授
これは自由な働き方なのか、労働者の搾取か
隣の人はここまでやってる「僕らの副業体験」
常見陽平が聞く、副業に懸けた男の理想と現実
人生を1つの会社に預ける時代は過ぎ去った
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内