有料会員限定

「イスラム国」の弱体化は幻 拡大・拡散する脅威

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小

空爆では滅びない

2月4日、米ホワイトハウスの報道官は、「『イスラム国』(IS)の戦闘員がイラクとシリアで減少している。戦場での死、勧誘の失敗や外国人戦闘員のシリアへの渡航規制強化の影響が合わさった結果だ」と述べて、米国主導のIS対策の成果を強調した。

原油価格の低迷により、原油の密輸で資金を稼いできたISは資金難に陥り、戦闘員への給与を半減させたことも報じられている。その結果、「ISの勢いが落ちている」とする見方が一部で広まっている。

だが、ISは本当に弱体化しているのか? このテロ集団の脅威をどう考えたらよいのだろうか? 

ISが、本拠地であるシリアやイラクで支配地域を減らしているのは確かである。特にイラクでは、昨年6月に北部の主要都市ベイジ、11月にはシンジャールが陥落し、12月末には西部アンバール県のラマディ市をイラク軍に奪還された。米国政府によればイラクにおけるIS支配地域の面積は2014年6月に比べて約30%減少したという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
中東危機
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内