有料会員限定

知っておきたいイスラム教の基礎知識 グローバル時代の常識

✎ 1〜 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 最新
拡大
縮小

『クルアーン』(コーラン)とは?

イスラム教(イスラーム)の創始者ムハンマドは、現在のサウジアラビアのメッカ周辺で生まれた。商人であったが610年(40歳の頃)、瞑想中に神からの啓示を受ける。これをきっかけに預言者としてイスラム教の布教を始めた。迫害を受け、一時はメディナに逃れたが(聖遷)、再びメッカに戻り勢力を伸ばした。

クルアーンには、ムハンマドが神(唯一神アッラー)から受けた啓示が記されている。ムハンマドは啓示を読み聞かせ、信者はそれを記憶した。ムハンマドの死後、信者が集い650年ごろに完成した。

クルアーンは全部で114の章から成る。ムハンマドは生涯にわたりたびたび啓示を受けており、啓示の時代順とほぼ逆に記述されている。長い章のすぐ後に短い章があったりと、長さはばらばらである。

クルアーンが扱うテーマは、唯一神アッラーや、最後の審判と来世といった宗教的な内容から、商取引や結婚、刑罰、酒や豚肉の禁止といった生活の規範まで実に幅広い。こうした点でイスラム教徒(ムスリム)にとって日々の暮らしの規範となっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
中東危機
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内