有料会員限定

もめる相続 もめない相続 家族の不和は遺産争いから

印刷
A
A

特集「節税大百科」の他の記事を読む

2015年からの相続増税により、課税対象が広がった。都心部では新たに相続税を支払う必要がある世帯も増えた。ただ、よほどの富裕層でないかぎり、相続税の支払額が莫大なケースは多くない。だから、生前に税金対策を講じなくても、基礎控除や課税特例が適用されれば相続税がゼロで済む場合もあるのだ。

むしろ相続で本当に大変なのは、遺族たちが従前の生活を続けられなくなったり、残された財産をめぐって骨肉の争いを繰り広げる火種がまかれたりしてしまうことなのだ。

ここでは、遺族がもめないようにするため押さえるべきポイントを紹介する(各ケースはすべて仮名)。

ケース1 初めての相続より二次相続を念頭に

青山家は4人家族。父と母は郊外で同居。長男と長女は独立してそれぞれ一人暮らし。父が亡くなり、一戸建てと少額の現預金が残されたが……。

両親が健在の場合、片方の親が死亡すると「一次相続」、残された親も死亡すると「二次相続」が発生する。男性の平均寿命が女性に比べ短い傾向にあるので、一次相続は父親の財産の相続、二次相続は母親の財産の相続になるのが通例だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
節税大百科
日本の税制改正どう変える
配偶者控除
税制改正 次の課題は?
斉藤鉄夫 公明党税制調査会長
宮沢洋一 自民党税制調査会長
消費税と財政健全化
消費税の軽減税率
ふるさと納税
確定申告を上手に活用
個人型確定拠出年金の魅力
国税当局が海の向こうの個人資産に課税を強化
中小企業の相続
相続税の負担を減らす
小規模宅地の特例
タワーマンション節税
教育資金一括贈与
相続時精算課税と暦年贈与
家族の不和は遺産争いから
誰が財産をもらい、いくら納めるのか
マイナンバー制度と税金
マイナンバー制度始まる
高負担時代に備える税金対策のすべて
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内