有料会員限定

賢い生命保険の活用術 相続税の負担を減らす

印刷
A
A

生命保険といえば死亡保障や貯蓄のためというイメージが強いが、実は相続対策としても有用だ。相続増税を機に、生命保険を活用した相続対策に注目が集まっている。

相続対策として、生命保険にはどんな強みがあるのだろう。

非課税枠や分与でメリットが多い

[表1]
拡大する

特集「節税大百科」の他の記事を読む

まず、非課税枠があることだ。死亡保険金は民法上の相続財産ではないが、被相続人(亡くなった人)が保険料を負担していた場合は相続税法上の「みなし相続財産」として課税対象となる。ところが、「500万円×法定相続人の数」を非課税財産として控除することが認められている。

1000万円を銀行に預金すれば、そのまま課税対象になる。そのため、これを生命保険に使って死亡時に相続人が保険金を受け取ったほうが得だ。一時払い終身保険ならば支払保険料とほぼ同額の保険金が受け取れるので、非課税限度まで加入するとよい。

第二に、財産分与の自由度が高いことだ。生命保険金は相続財産ではなく「受取人固有の財産」として扱われる。そのため受取人、金額の両方をあらかじめ自由に決めておけるメリットがある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
節税大百科
日本の税制改正どう変える
配偶者控除
税制改正 次の課題は?
斉藤鉄夫 公明党税制調査会長
宮沢洋一 自民党税制調査会長
消費税と財政健全化
消費税の軽減税率
ふるさと納税
確定申告を上手に活用
個人型確定拠出年金の魅力
国税当局が海の向こうの個人資産に課税を強化
中小企業の相続
相続税の負担を減らす
小規模宅地の特例
タワーマンション節税
教育資金一括贈与
相続時精算課税と暦年贈与
家族の不和は遺産争いから
誰が財産をもらい、いくら納めるのか
マイナンバー制度と税金
マイナンバー制度始まる
高負担時代に備える税金対策のすべて
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内