有料会員限定

家電激戦区で価格調査 ヤマダは今も安いのか?

印刷
A
A
ヤマダと火花を散らすビックの冷蔵庫売り場(撮影:今井康一)

特集「ヤマダ電機 落日の流通王」の他の記事を読む

ヤマダ電機の全盛期の強さは規模を背景とした価格競争力にあった。競争の激しいエリアでは、ライバル店の価格をあえて表示し、より安い値段で販売する。そうしたヤマダの店舗に客を奪われ、閉鎖の憂き目に遭った郊外の家電量販店は数知れない。また近年はカメラ系家電量販店の顧客を奪うべく、大都市駅前などに多層階大型店「LABI」を出店。自社の郊外店よりさらに安い値段を打ち出して、大都市駅前バトルとして大きな話題にもなった。

では、ヤマダの強さの源泉だった圧倒的な価格競争力は今も健在なのか。それを検証するため、大手4社の大型店舗を実際に回って価格調査を行った。購入する商品ごとに各店で値段を交渉し、最終的な提示価格(税込み)を4社で比較した。

最初に価格調査を行ったのは東芝の4K液晶テレビ。ヤマダとビックカメラが向かい合って並ぶ激戦区の池袋に行き、まずはヤマダの旗艦店、LABI1日本総本店池袋に入ることにした。テレビの値札には「BIGボーナスセール」「大幅ポイント大放出!」の言葉が並ぶ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内