有料会員限定

テナント探しにも難題 後継店舗はドンキ?

印刷
A
A

「誠に残念ですが、今月末で営業を終了することになりました」。5月の連休明け、関東でヤマダ電機に店舗用の土地を貸している企業の元に、突然の連絡が入った。

この企業が土地を貸しているヤマダの店舗は数年前にオープンしたばかり。「ヤマダさんは家電量販のナンバーワン企業なので、安心して土地を貸した。まさかこんなに早く店を畳むなんて思いもしなかった」。閉鎖の知らせにこの会社の幹部は絶句したが、ヤマダの担当者の次の言葉を聞いて、胸をなで下ろしたという。「(テックランドの)営業は終了しますが、どうぞご安心ください。当社で別のテナントを探し、オーナー様との契約は今後もきちんと履行いたします」。

5~6月に全国で50以上の店舗閉鎖に踏み切ったヤマダ電機にとって、問題となっているのが閉鎖した店の後処理だ。家電量販の郊外店舗は、20年の長期賃借契約を結んで土地を借り、自分で投資して建物を作る出店形態が一般的。今回、ヤマダが閉鎖する店舗も基本的に土地は賃借、建物は自己所有の物件が多くを占めているとみられる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内