有料会員限定

山田昇は何を間違った? 頓挫した3兆円構想

印刷
A
A
(撮影:吉野純治)

特集「ヤマダ電機 落日の流通王」の他の記事を読む

山田昇はほっとしたに違いない。6月26日に開かれたヤマダ電機の株主総会。社長の山田は厳しい表情で壇上に立っていた。15年3月期の業績は大幅な減益。5月末には不採算店の大量閉鎖が明らかになった。

「ROE(自己資本利益率)も1.8%まで下がっているし、ファンドによる株買い占めの問題もある。社長は総会に向けてそうとう準備していたようだ」とヤマダの関係者は明かす。当然叱責が飛ぶと予想していただろう。

ところが質問はゼロ。わずか30分ほどであっけなく終わった。

00年代にすさまじい勢いで成長していたヤマダ。だが今はその勢いを完全に失ってしまった。トップである山田は何を見誤ったのか。過去の発言や08年に自ら筆を執った『ヤマダ電機の礎』(非売品)などを基に検証する。

検証1 収益力の低下

「徹底した『ローコスト経営』が実現できており、だからこそ値段をリーズナブルな価格にしてお客様に販売しても利益創出を図ることができる」(『ヤマダ電機の礎』)

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内