有料会員限定

ヤマダ電機 落日の流通王 家電量販サバイバル

印刷
A
A

わずか2カ月の間に50もの店を閉 鎖。家電流通の覇者だったヤマダ電機に何が起きているか──。

(本誌:富田頌子、前田佳子、渡辺拓未、山田泰弘、 冨岡 耕、筑紫祐二、中島順一郎、渡辺清治)

「早い者勝ち! 今がチャンス! 緊急値下げ 展示品限り」──。店内は黄色のポップが数多く貼られていた。

茨城県の北部に位置するひたちなか市。国営ひたち海浜公園の近くにあるヤマダ電機の「テックランド シーサイドひたちなか店」は売り場面積5100平方メートルを誇る大型店舗だった。6月27日土曜の昼すぎに店舗を訪れると、駐車場には160台以上の車が止まり、ワゴン車が駐車場に次々入ってくる。大半は夫婦や子ども連れの家族客。お目当ては「閉店セール」の特売品だ。

白モノ家電は人気が高く、買い手のついていない展示品は冷蔵庫が10台、洗濯機は14台しか残っていない。「重い商品は別の店に運ぶのも大変なので、大幅な原価割れで処分したんです。新品同様でしたから、セール最初の土日でほとんど売れました」と従業員は淡々と話す。

ヤマダがこの店を開いたのは2013年夏。わずか2年足らずでの閉鎖だ。周囲はこの数年で急速に発展した市内最大の商業集積地。大型商業施設やホームセンター、会員制ディスカウントストアのコストコ、食品スーパーなど数多くの大型小売り店が立ち並ぶ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内