ゼロから学ぶ経済政策 日本を幸福にする経済政策のつくり方 飯田泰之著

ゼロから学ぶ経済政策 日本を幸福にする経済政策のつくり方 飯田泰之著

副題が示すとおり、経済的な豊かさが幸福の増大につながることを前提にして経済政策を説く。

潜在的GDPを成長させて経済の実力を上げる「成長政策」、その実力を発揮するための「安定化政策」、結果として生じる不幸を和らげる「再配分政策」の三つの基本的な枠組みを解説しながら、これからの日本に必要な真の経済政策を提言する。

エコノミストである著者は、経済力だけが幸福度を測る指標ではないことを承知のうえで、一人当たりGDPの向上が国民を幸福にするための政府の仕事であるという立場から、経済学がどう人を幸せにできるのかを論じる。同時に、経済学的な論理とは何かも学ぶことができる。

角川ОNEテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT