ゼロから学ぶ経済政策 日本を幸福にする経済政策のつくり方 飯田泰之著

ゼロから学ぶ経済政策 日本を幸福にする経済政策のつくり方 飯田泰之著

副題が示すとおり、経済的な豊かさが幸福の増大につながることを前提にして経済政策を説く。

潜在的GDPを成長させて経済の実力を上げる「成長政策」、その実力を発揮するための「安定化政策」、結果として生じる不幸を和らげる「再配分政策」の三つの基本的な枠組みを解説しながら、これからの日本に必要な真の経済政策を提言する。

エコノミストである著者は、経済力だけが幸福度を測る指標ではないことを承知のうえで、一人当たりGDPの向上が国民を幸福にするための政府の仕事であるという立場から、経済学がどう人を幸せにできるのかを論じる。同時に、経済学的な論理とは何かも学ぶことができる。

角川ОNEテーマ21 760円

  

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。