ゼロから学ぶ経済政策 日本を幸福にする経済政策のつくり方 飯田泰之著

ゼロから学ぶ経済政策 日本を幸福にする経済政策のつくり方 飯田泰之著

副題が示すとおり、経済的な豊かさが幸福の増大につながることを前提にして経済政策を説く。

潜在的GDPを成長させて経済の実力を上げる「成長政策」、その実力を発揮するための「安定化政策」、結果として生じる不幸を和らげる「再配分政策」の三つの基本的な枠組みを解説しながら、これからの日本に必要な真の経済政策を提言する。

エコノミストである著者は、経済力だけが幸福度を測る指標ではないことを承知のうえで、一人当たりGDPの向上が国民を幸福にするための政府の仕事であるという立場から、経済学がどう人を幸せにできるのかを論じる。同時に、経済学的な論理とは何かも学ぶことができる。

角川ОNEテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。