有料会員限定

どうなる為替、株、債券 “欧州リスク"の今後を占う

印刷
A
A

ECB(欧州中央銀行)の量的金融緩和とギリシャ金融支援問題、相次ぐ選挙と反EU(欧州連合)勢力の台頭。域外でも、ウクライナ停戦交渉をめぐるロシア、テロや移民問題の背景となっているイスラムとの関係など、欧州の内憂外患は絶えない。

EUと加盟国で金融と財政の主体が分かれているため、為替は統一通貨ユーロだが、国債や株式市場を見る際には国別のアプローチが必要になる。逆の見方をすれば、そこに投資機会があるともいえる。欧州の為替、債券、株式の見通しはどうなるのだろうか。

[為替]対ドルではユーロ安 対円ではジリ高か

シティバンク銀行 シニアFXマーケットアナリスト 尾河眞樹
おがわ・まき●外国銀行を経てソニー財務部で為替リスクヘッジなどに従事。英ロンドン、米シカゴ市場為替ディーリングルームでの勤務経験も持つ。(撮影:今井康一)

特集「欧州激動」の他の記事を読む

ユーロ相場は2009年のギリシャショックで大幅に下落した後だいぶ持ち直して、危機が終わったかに見えた時期もあったが、債務問題から完全に立ち直ってはいなかった。根底には、金融政策は同じでもお財布(財政)が違うという構造的な問題があり、いったん相場が悪くなると長引いてしまう傾向がある。

これまでは、相対的に金融緩和的な政策を取っていた米国のドルや日本の円がユーロ相場を押し上げたが、今度は、米国が出口に向かうためドルが上昇しやすい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
欧州激動
EU28カ国+5カ国の最新データ掲載!
[メディア]襲撃事件に震撼!?
欧州の金融システムは危機を克服しつつある
欧州で最も注目される欧州専門家が分析
[金融]資金繰りはECG頼み
“欧州リスク"の今後を占う
[北欧]小国フィンランドで
南北格差2 [イタリア]
ギリシャ/スペイン/アイルランド/ポルトガル
「EUの成り立ち」
早わかり!マンガで読み解く
欧州から離れつつあった英国を現地ルポ
特別寄稿
フランスは「ヨーロッパの病人」ですか?
INTERVIEW
[フランス]聖域と化した労働市場
[ドイツ]構造改革の光と影
車需要は底脱したが“反ユーロ"に懸念
ダイムラー会長に聞く欧州景気
[ドイツ]EU優等生の孤独と苦悩
キーパーソンの相関関係 全一覧
一目でわかるEU
図解 経済データで総まくり
カリスマ講師 細野真宏氏が解説
世界経済の中の位置づけ
欧州とイスラムの共存はかなり困難だ
INTERVIEW 内藤正典
シャルリー・エブド襲撃後のフランスルポ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内