有料会員限定

問われる構造改革の本気度 [フランス]聖域と化した労働市場

印刷
A
A
フランス経済の下支え役は個人消費。実質賃金の高さなどがその背景にはある

特集「欧州激動」の他の記事を読む

フランス 聖域と化した労働市場 問われる構造改革の本気度 パリ中心部のマレ地区で装飾品店を経営するユダヤ人のシャンタール・アジオさん。かつては店員を雇っていた時期もあったが、今は一人で店を切り盛りしている。「社会保障負担が重く、雇用し続けるのは難しかった」。

ドイツとともにユーロ圏をリードしてきた第2の経済大国、フランス。足元はライバルに大きく水をあけられている。

旧東ドイツから継承した“負の遺産”に苦しめられたドイツは2000年代前半、「欧州の病人」と揶揄された。だが、今ではユーロ圏で「独り勝ち」の勢いを見せる。

代わって、「新たな病人」といわれているのがフランスだ。低成長、高止まりする失業率、高い税率などが重荷となり、景気は低空飛行を余儀なくされている。

ドイツとの比較で特に目立つのが輸出面での脆弱性だ。その伸びは鈍く、世界のGDP(国内総生産)の拡大ペースを下回ったままの状態。ドイツ景気が輸出に支えられて底堅く推移しているのとは対照的だ。フランス製品は世界需要を十分に取り込めていない(図表1)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
欧州激動
EU28カ国+5カ国の最新データ掲載!
[メディア]襲撃事件に震撼!?
欧州の金融システムは危機を克服しつつある
欧州で最も注目される欧州専門家が分析
[金融]資金繰りはECG頼み
“欧州リスク"の今後を占う
[北欧]小国フィンランドで
南北格差2 [イタリア]
ギリシャ/スペイン/アイルランド/ポルトガル
「EUの成り立ち」
早わかり!マンガで読み解く
欧州から離れつつあった英国を現地ルポ
特別寄稿
フランスは「ヨーロッパの病人」ですか?
INTERVIEW
[フランス]聖域と化した労働市場
[ドイツ]構造改革の光と影
車需要は底脱したが“反ユーロ"に懸念
ダイムラー会長に聞く欧州景気
[ドイツ]EU優等生の孤独と苦悩
キーパーソンの相関関係 全一覧
一目でわかるEU
図解 経済データで総まくり
カリスマ講師 細野真宏氏が解説
世界経済の中の位置づけ
欧州とイスラムの共存はかなり困難だ
INTERVIEW 内藤正典
シャルリー・エブド襲撃後のフランスルポ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内