有料会員限定

現地報告 揺らぐ「自由・平等・博愛」 シャルリー・エブド襲撃後のフランスルポ

印刷
A
A

世界中が欧州の動向をかたずをのんで見守っている。ついに始まるECB(欧州中央銀行)の量的緩和、ギリシャ支援の行方、パリの新聞社襲撃がえぐり出した文化的・宗教的な対立、そしてEU離脱も争点となる英国総選挙・・・。現地ルポを交え、欧州の今を読み解く。

(本誌:松崎泰弘、西澤佑介、二階堂遼馬、中川雅博、福田 淳、山川清弘)

写真:1816年に起きた難破事故を基にした『メデュース号の筏』(テオドール・ジェリコー)。座礁か生還か、欧州の知恵が問われている(Bridgeman Images/アフロ)(記事中写真:神戸シュン / Press Paris)

 

「シャルリー・エブド」襲撃事件で犠牲者を悼むパリ市民。ペンをささげる人も(神戸シュン / Press Paris)

特集「欧州激動」の他の記事を読む

2月中旬。フランスで起きた一連のテロ事件で標的になった週刊新聞シャルリー・エブドの旧本社前へ足を運んだ(現編集部は移転)。

パリ11区にある旧本社は、1789年のフランス革命の記念柱が立つバスティーユ広場のやや北側に位置する。当時の民衆が革命ののろしを上げた監獄のあった場所の程近くで事件が起きたことも、国民感情を刺激したのだろう。今回の惨劇はフランスに住む一人ひとりの心を大きく揺さぶった。

旧本社近くの歩道の一角には今も被害者を弔う多くの花などが供えられている。通りの名前を示す標識の上には、「表現の自由広場」というシールが張られていた。

シャルリー・エブド近くの通りの標識には「表現の自由広場」のシールが(神戸シュン / Press Paris)

献花する人の中には、シリアで迫害を受けるクルド人女性の権利を守ろうと闘うグループの姿もあった。「表現の自由は世界の普遍的な価値観。それを暴力で封じようとすることは許されない」。グループのクルド人女性の一人はこう訴えた。

シャルリー・エブド旧本社近くに供えられた花束。「共存」を意味する「Coexist」の文字も(神戸シュン / Press Paris)

1月7日の連続テロ事件から1カ月余り。パリの街は以前の落ち着きを取り戻したように見える。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
欧州激動
EU28カ国+5カ国の最新データ掲載!
[メディア]襲撃事件に震撼!?
欧州の金融システムは危機を克服しつつある
欧州で最も注目される欧州専門家が分析
[金融]資金繰りはECG頼み
“欧州リスク"の今後を占う
[北欧]小国フィンランドで
南北格差2 [イタリア]
ギリシャ/スペイン/アイルランド/ポルトガル
「EUの成り立ち」
早わかり!マンガで読み解く
欧州から離れつつあった英国を現地ルポ
特別寄稿
フランスは「ヨーロッパの病人」ですか?
INTERVIEW
[フランス]聖域と化した労働市場
[ドイツ]構造改革の光と影
車需要は底脱したが“反ユーロ"に懸念
ダイムラー会長に聞く欧州景気
[ドイツ]EU優等生の孤独と苦悩
キーパーソンの相関関係 全一覧
一目でわかるEU
図解 経済データで総まくり
カリスマ講師 細野真宏氏が解説
世界経済の中の位置づけ
欧州とイスラムの共存はかなり困難だ
INTERVIEW 内藤正典
シャルリー・エブド襲撃後のフランスルポ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内