有料会員限定

欧州メディアの今 [メディア]襲撃事件に震撼!?

印刷
A
A

特集「欧州激動」の他の記事を読む

今年1月に発生した、フランスの風刺週刊紙「シャルリー・エブド」へのイスラム過激派による襲撃事件。

ジャーナリストら12人が死亡する凄惨(せいさん)な言論機関へのテロは、同じ欧州で暮らす周辺国の人々にも大きな衝撃を与えた。問題となった同紙の風刺画はドイツの多くのメディアでも繰り返し報道された。

欧州の風刺メディアはイスラム批判でさぞかし活気づいているだろう、と思われるかもしれない。

しかし事件後の反応は意外にも落ち着いている。今回の襲撃事件を受け、業界で編集方針見直しを表明したり、新たなルールを定めたりといった変化の波も起こっていない。

たとえば人口8000万と欧州最大の国である隣国ドイツは、雑誌大国としても知られる。

世界的にも影響力の大きな政治ニュース誌『シュピーゲル』や、毎週700万人以上が読む『シュテルン』がある。「シャルリー・エブド」のような風刺メディアも3誌ある(下写真)。その一つ、10万部の発行部数を誇る月刊誌『ティタニック』のティム・ヴォルフ編集長は次のようにコメントしている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
欧州激動
EU28カ国+5カ国の最新データ掲載!
[メディア]襲撃事件に震撼!?
欧州の金融システムは危機を克服しつつある
欧州で最も注目される欧州専門家が分析
[金融]資金繰りはECG頼み
“欧州リスク"の今後を占う
[北欧]小国フィンランドで
南北格差2 [イタリア]
ギリシャ/スペイン/アイルランド/ポルトガル
「EUの成り立ち」
早わかり!マンガで読み解く
欧州から離れつつあった英国を現地ルポ
特別寄稿
フランスは「ヨーロッパの病人」ですか?
INTERVIEW
[フランス]聖域と化した労働市場
[ドイツ]構造改革の光と影
車需要は底脱したが“反ユーロ"に懸念
ダイムラー会長に聞く欧州景気
[ドイツ]EU優等生の孤独と苦悩
キーパーソンの相関関係 全一覧
一目でわかるEU
図解 経済データで総まくり
カリスマ講師 細野真宏氏が解説
世界経済の中の位置づけ
欧州とイスラムの共存はかなり困難だ
INTERVIEW 内藤正典
シャルリー・エブド襲撃後のフランスルポ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内